マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】三井智映子と学ぶ「資産運用のABC」~あなたは“お金のデザイン”ができていますか?~ 押さえておきたい時事問題TPP、1

2017年8月1日 17:53

こんにちは、フィスコマーケットレポーターの三井智映子です。
皆さんと一緒に資産運用の基礎知識を学んでいくこの連載、今回から時事問題を取り上げ、私よりも若い世代、現役の女子大学生の人たちをゲストに迎えて、お金の教養を深めていきます!

日々たくさんの経済に関するニュースがありますが、フィスコキャンパスの皆様の気になるニュース、今回は何でしょうか?

「TPPのニュースが気になったのですが…TPPって長いこと話し合っているイメージなのですが、まだ話し合っているんですね。」

なるほど、TPPについてですね…TPPはもともとP4協定と呼ばれる2006年に発効したニュージーランド、チリ、ブルネイ、シンガポールの4各国間の経済連携協定でした。そこにアメリカ、オーストラリア、ベトナムとペルーが参加を表明し、2010年3月にTPP交渉が始まりました。この時期から、日本でも頻繁にTPPという言葉が取り上げられるようになったわけです。

「そうなんですね!長いですね…道理で聞いたことがあるはずです(笑)。ところで、日本はいつTPPへの参加を決めたんですか?」

日本は2010年10月1日に当時の民主党政権の菅直人首相が参加検討を表明したものの、正式な手続きは遅れていました。実際に交渉に参加しはじめたのは、2013年、自民党政権の安倍首相になってからのことです。2月23日に安倍首相が事実上のTPP参加を表明。翌月3月15日にはTPP交渉への参加を正式に表明しました。そして2013年7月より交渉への正式参加が決定しました。

そこから時間を経て2015年10月5日に米アトランタにて参加12か国が大筋合意に至ったと発表されました。様々な分野で各国の利害がなかなか一致しないこともあり、交渉が非常に難航しましたが、この合意により世界のGDPの4割を占める巨大経済圏が誕生となりました。

「長い道のりだったんですね。TPPの加盟国はどこですか?」

ニュージーランド、チリ、ブルネイ、シンガポール、アメリカ、オーストラリア、ベトナム、ペルー、マレーシア、カナダ、メキシコ、日本の計12カ国でした。しかし、ご存知の通りアメリカはトランプ大統領が脱退を表明したため、現在では11ヶ国となっています。

「ちなみにどうして大筋合意に至るまでこんなに時間がかかったのですか?」

それは多国間交渉が複雑だったことや各国の利害が一致しなかったこともありますが、メリットだけでなく、デメリットもあったからです。次回はTPPのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

こうした日常で耳にする経済のニュースへの理解を深めるには実際に投資をする、「ポジションを持つ」ことが重要です。まだ勉強が足りないと感じている方や自分でやるのが怖いという方は人工知能を使ったロボアドバイザーに頼ってみるのはいかがでしょうか。たとえば「お金のデザイン」が開発したTHEO(テオ)は、最初にいくつか簡単な質問に答えるだけで個人に合わせた運用プランを提案してくれます。さらに自動的に分散投資してくれる便利なサービスとなっています。

三井智映子と学ぶ「資産運用のABC」は、資産運用の基礎を三井智映子の見解でコメントしています。

FISCOマーケットレポーター
三井智映子

<DM>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。