マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】コラム【アナリスト夜話】:超伝導リニアとハイパーループ(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)

2017年8月2日 9:08

リニア新幹線とは超伝導と磁気の技術を使った高速鉄道で、10年後に品川—名古屋間が開業します。ゴム車輪で走り始めた後、磁気の力で車体を地上から10センチほど浮かせて加速、今の新幹線の倍にあたる時速500キロに達します。再び減速してゴム車輪走行に戻る瞬間は、まるで飛行機の“着陸”の感覚でした。

私の小学校の教科書に、未来の山手線のアイデアが掲載されていました。これは、丸く繋がった山手線がノンストップで線路を回り続け、乗客は、回転する円盤状のホームから、電車に乗り移る、というものでした。

かなり突飛な話で、いまや覚えている人も殆どいないようです。しかし、磁気で車体を浮かせて走らせる超伝導リニア技術など、「円形山手線」以上に夢物語のように聞こえます。それを現実の世界で見て、日本の技術応用力と開発の熱意に感動しました。

現在、次の輸送技術として注目されているのは、テスラCEOのイーロン・マスクが考案している「ハイパーループ」です。貨物や人を載せた“ポッド”が、真空に近いチューブの中を、飛行機すら追い抜く時速1,000キロ以上で疾走するというものです。技術的には実現可能なようで、2週間前、韓国政府が開発を発表しています。但しポッドの輸送力の問題や規制、路線の買収など、まだ課題も多いと言われています。

53年前、日本は世界初の高速鉄道を開業しました。しかし、その後スピードでは一部の国に抜かれていますし、多様な発案力も米国主導の感が否めません。

そのような中で、日本がリニアを世界に先駆けて実用化することで、技術の応用力の高さを世界に示して欲しいものです。その経済効果もさることながら、これを見た子供や若者たちが、ハイパーループを超える新たな技術の開発に目覚めてくれれば、何よりの成果だと思います。

マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那
(出所:7/31配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。