マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】脳のオナラって何? それを予防する方法とは

2017年8月3日 9:31

 脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brainfart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米神経心理学者ミシェル・ブラウン博士(MichelleBraun)は、なぜ人はど忘れするのか、その理由と予防法を米ウェブサイトのメディカル・デイリーに語りました。

 ブラウン博士によると、ど忘れとは、常に使っている物の置き場所を思い出せなくなるなど、一時的に情報を記憶できなくなること。彼は、年齢や性別にかかわらず、ほとんどの人に起こりうる現象で、通常は「注意力」が欠けている時に起きると指摘しています。

 私たちの脳は、同時に多くの事柄を処理しています。人は、日常行っている物事に従事している時や、ルーチン・ワークを行っている時、脳が「デフォルトモード」に切り替わってしまいます。多くの人は自分が行っている事に注意をむけない場合が多く、ど忘れという状態が起きやすいのです。ブラウン博士は、「日常的にやっていることにもっと注意を払えば、それを予防することができる」と指摘。また、注意欠如障害(attentiondeficitdisorder/ADD)や学習障害のある人たちは、ど忘れの頻度が高くなると話しています。

 では、どのようにすればど忘れを予防できるのでしょうか。ブラウン博士は、具体的なやり方を「3Pの法則」として提案しています。3Pとは、一時停止(pause)、関連づけ(piggyback)、練習(practice)の三つ。例えば、タスクを完成させる前に、一時的にストップしてそのプロセスを振り返ります。そうすることによって、完成させようとするタスクの詳細を記憶しやすくなります。次に、この記憶を別の行動や場所に関連付ければ、記憶がより深く植え付けられます。最後に、そのタスクを完成するためのやり方を頭の中で繰返すことで、ど忘れを回避することができます。

 ど忘れは誰にでも起きることですが、病気の前兆が疑われる場合もあります。ビタミンB1・B12の欠乏、認知症、脳卒中、脳腫瘍などが見つかるケースもあります。睡眠不足やストレスなど、これといった原因がないのにど忘れが頻繁に起きる時は、医師の健診を受けるようにとブラウン博士は勧めています。

(翻訳編集・豊山)

【ニュース提供・大紀元】

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。