マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】電通国際情報サービス<4812>— 第2四半期業績はほぼ計画通りの着地、通期業績計画に対し順調に進捗

2017年8月3日 13:15

電通国際情報サービス<4812>は電通<4324>グループのシステム開発会社。顧客の個別仕様に基づくシステム構築・保守と自社開発の人事管理パッケージなどを用いたシステム構築を手掛ける。メガバンクや地方金融機関、製造業に強みを持つ。

先日発表した2017年12月期第2四半期の業績は売上高405.25億(前期比2.4%増)、営業利益31.33億(前期比6.2%減)、経常利益32.10億(前期比8.9%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は28.01億(前期比10.8%増)だった。エンジニアリング事業、コミュニケ−ションIT事業は前期比で増収増益で着地。ビジネスソリューション事業では受託システム開発とソフトウェアの製・商品が堅調に推移し増収したものの、研究開発や人材確保による費用増で減益。金融ソリューション事業では次世代融資ソリューション「BANK・R」の大型案件終了に伴い減収となったものの、マイナス金利政策を背景に金融機関全般のIT投資需要減少するなか、規制対応やリスク管理等のシステム需要は堅調に推移。

同社は2016年度より3ヵ年の中期経営計画「ISID Open Innovation 2018『価値協創』」を推進。2018年12月期の業績目標は売上高1,000億、営業利益80億、ROE10.0%以上を掲げる。加えて、M&A投資枠を3年合計で100億円設けており、セグメント共通の戦略領域である「グローバル」「IoT/ビッグデータ」「2020&Beyond」において積極的な事業展開を図る方針。既にIoT分野ではダイタン<1980>と共同でIoTを活用したスマート制御システムの開発を開始。グローバル分野では「BANK・R」の中国展開により現地金融機関からの受注獲得に至っている。M&A資本提携では日本の自動運転分野を牽引するベンチャー企業ZMPへ出資を行うなど進捗をみせている。

2017年12月期決算の見通しは、売上高840.00億(前期比5.3%増)、営業利益67.00億(前期比3.3%増)、経常利益67.37億(前期比0.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益は45.49億(前期比0.7%減)。期末の配当金は1株当たり25円。

<MW>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。