マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】テックビューロ、仮想通貨による資金調達ソリューション「COMSA」発表

2017年8月3日 13:05

ビットコイン取引所「Zaif」を運営し、ブロックチェーン技術開発を手掛けるテックビューロは3日、仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション「COMSA」を発表した。世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で過去12ヶ月間のICO(仮想通貨発行による資金調達手法)が、ベンチャーキャピタルによるそれを大幅に上回っている。また、7月25日に米SECがThe DAOトークンが金融商品に該当しうると発表、今後ICOの法的なポジションも国際的にクリアになることが予想されている。

COMSAは企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化、Zaif取引所、コントラクト実装、そしてmijinプライベートブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実ビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートするスキームとなる。

同サービスを用いたICO第1号案件としてテックビューロの「COMSA」、第2号案件として東証2部上場の「プレミアムウォーターホールディングス<2588>」が、そして第3号案件として「CAMPFIRE」がICO実施を予定している。

なお、テックビューロを中心として設立されたICO協議会は、ICOプロジェクトの誘致の他、今後のICOや同業界についての協議を行う。協議会メンバーには、<3853>インフォテリア (代表取締役社長 平野 洋一郎氏)、<8732>マネーパートナーズグループ (広報・新規事業推進室長 西村 依希子氏)、<3778>さくらインターネット (代表取締役社長 田中 邦裕氏)、<3808>オウケイウェイヴ (代表取締役社 兼元 謙任氏)、<3807>フィスコ (代表取締役社長 狩野 仁志氏)、<2315>カイカ (CEO兼代表取締役会長 八木 隆二氏)など。

なお、フィスコは、仮想通貨に関する投資情報を積極的に発信している点などが評価され、COMSAのパートナーとして、ICO関連情報を配信するほか、カイカは、「COMSA」の開発パートナーを務める。

<TM>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。