マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション『COMSA』を発表

2017年8月4日 7:41


テックビューロ株式会社は2017年8月3日、仮想通貨を使った資金調達用ICOソリューション「COMSA」を発表した。同サービスを用いたICO第1号案件としてテックビューロの「COMSA」、第2号案件として東証二部上場の株式会社プレミアムウォーターホールディングス<2588>が、第3号案件として株式会社CAMPFIREが、2017年中にICO実施を予定している。
世界のブロックチェーン業界では、2017年6月の時点で、過去12カ月間のICO(Initial Coin Offering:仮想通貨発行による資金調達手法)による資金調達総額が、ベンチャーキャピタルのそれを大幅に上回った。7月25日に米SECが、TheDAOトークンが金融商品に該当しうると発表し、ICOの法的なポジションが国際的にクリアになることが予想され、実施する企業はますます綿密な設計が必要となる。
▽参考
米国でTheDAOのようなICOトークンは証券規制の対象
一方、多くの企業がICOを希望するものの、それ以前にブロックチェーン技術自体の導入にはさまざまな問題がつきまとってる。その一つが、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティだ。それが会計上や監査上の煩雑さを引き起こし、その課題解決とニーズに、既存のソリューションが対応しきれないことが、もっとも大きな障壁となっていた。。

■COMSAとは

そうした課題や問題点をまとめて解決するために、COMSAは、企業のICOによる資金調達と、既存アセットのトークン化、Zaif取引所、コントラクト実装、そして、mijinプライベート・ブロックチェーンによる内部勘定技術をワンストップのソリューションとして提供し、実際のビジネスへのブロックチェーン技術導入を一からサポートするものである。

■ICOソリューション

ホワイトペーパー(目論見書)の整備から、ブロックチェーン技術導入プラン、国内外へのPR、トークンセール(売り出し)のツールまでをひとまとめに請け負うことで、ICOの実施を完全サポート。COMSAで発行するトークンは、COMSACOREを通して、NEMとEthereumのブロックチェーン間で自由に行き来できるようになる。

■トークンソリューション

発行するトークンを取り扱うためのZaif取引所や決済ツールを提供。テックビューロが販売するプライベート・ブロックチェーン製品mijinによって、それらトークンを内部勘定で一括管理する環境が構築できる。さらに別途、EtheremとNEMのブロックチェーン間をまたいで利用可能な、USドルや日本円、Bitcoinとペッグしたトークンの発行と変換をサポートする。

■コントラクトソリューション

2018年には、Bitcoin、NEM、Ethereumのパブリック・ブロックチェーンと、mijinで構成する複数のプライベート・ブロックチェーンを連動させ、その間でトークンの整合性を保持できるサービスを提供する。また、ネットワークフィーを気にせず、実社会の法定通貨建ての商取引をブロックチェーン上のコントラクトとして、第三者の仲介無しに執行できるようになる。

■予定されるICO案件

COMSAプラットフォームにおける、予定済および検討中のICO案件は以下の通り。
10月初旬(予定):テックビューロ「COMSA」
11月中旬(予定):プレミアムウォーターホールディングス
11月下旬(予定):CAMPFIRE
テックビューロ代表の朝山貴生氏は、「COMSAは非中央集権化を強制するのでもなく、無意味にICOを適用するものでもありません。すでに実績のあるビジネスに、資金調達と実績のあるブロックチェーン技術導入とを同時に実施し、より強固なビジネスモデルを構築できます。われわれが提供したいのは、トークンエコノミーへといざなう、痛みを伴わない『赤い錠剤』です」と述べている。

■ICO協議会の設置

今後のICO発展のため、テックビューロでは、その経営陣に加え、各界の第一人者を委員として誘致し、ICO協議会を設置した。

□協議会委員一覧(順不同)
朝山貴生/Jaguar0625/細井良祐/福永充利/八田和信/TomBeno/増島雅和/朝山道央/LongWong/JeffMcDonald/村口和孝/平野洋一郎/西村依希子/狩野仁志/八木隆二/兼元謙任/岩井陽介/NateD’Amico/田中邦裕/小笠原治/佐藤航陽/井面善友/伊藤昌彦/志茂博/宍戸健/大石哲之/家入一真/中村仁

■ホワイトペーパー

COMSAの詳細とそのICO、協議会員の所属情報などはこちら

■ICOとは

ICOとは「InitialCoinOffering」の略で、仮想通貨(トークン)を発行して売り出すことで資金を調達するための手法。株式などのエクイティを譲渡するのではなく、購入型のクラウドファンディングと同様に、単にトークン販売を行うもので、厳密に言えば「資金調達」の手法ではなく、「仮想通貨の発行販売手法」となる。購入する側も、実際にはプロジェクトに投資をする「投資家」ではなく、「トークン購入者」となる。


【ニュース提供・エムトレ】


<FA>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。