マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国の汚職幹部を狙った詐欺、153人逮捕=インドネシア

2017年8月4日 7:10

 インドネシア警察は7月31日、大掛かりな詐欺事件に関わったとして容疑者153人(中国人150人、インドネシア人3人)を拘束したと発表した。犯人グループのターゲットは中国人富豪だが、インドネシアを活動拠点にしていた。

 同国警察の発表によると、犯人グループが今年はじめから犯行に及んだ。汚職などで裁判沙汰になった中国国内の富豪や高官の情報を収集し、検察官または警官と名乗ってアプローチし、「金で問題を解決」ともちかける。一部の人は巨額の金を払った。中国当局からの情報では被害総額はおよそ6兆ルピア(約600億円)だという。

 観光ビザで入国した同犯罪組織のメンバーにはIT専門家もいる。携帯電話の記録などを追跡して被害者の情報を入手するのが主の役割だという。

 ここ数年、東南アジアで中国国内の人を狙ったインターネット詐欺事件が増えている。7月、タイで中国本土や台湾出身の容疑者44人が逮捕された。電話を使って中国人から300万ドルを巻き上げた。同月、カンボジアでは詐欺容疑で中国人74人が国外強制退去になった。

(翻訳編集・叶清)

【ニュース提供・大紀元】

<FA>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。