マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】ビットコインキャッシュ(BCC)はビットコイン(BTC)の価格に影響を及ぼすのか?

2017年8月4日 7:50


ビットコインのトレーダーは近い将来ブロックチェーンの好みのバージョンを選択できることになるだろう。
もし数年間におよびネットワークの技術的な話し合いが行われてきた計画が劇的な結果を迎えなくても、8月1日にはビットコインのスケーリングについての話し合いにおいて何らかの変化を目撃することができるだろう。それは開発者や発掘者にとってこの代案へと移る時となり、さらに大きなブロックはネットワークのキャパシティを増やすための最善の策となることを証明するために、彼らはそれらに全力で取り組むであろう。
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash:BCC)と呼ばれるそれは効果的にビットコインの既存のソフトウェアと今までの取引履歴を分岐させ、すべてのビットコインユーザーに新しい仮想通貨のトークンを新たなブロックチェーン上で新たなルールと共に与えることになるだろう。もし、ユーザーが2BTCを所有していたら、そのユーザーは2BCCを持っていると主張することができる。さらに、この動きによりトレーダーたちにとっての新たな数百万ドルの価値を生み出すことができる。
これらは先例がない訳ではなく、去年の夏、イーサリアムで同じような出来事が起きた。その時、コミュニティーの人々はディベロッパー達により設計された決断を主張するために、新たな仮想通貨を作り上げた。
もしあなたがこの不安定さがトレーダーたちを脅かし市場から追い出すことを期待しているのなら、結果は何にでもなりうるであろう、とRippleのゲートウェイオペレーターのRafaelOlaio氏は考える。しかし、新しいネットワークの創出を踏まえるとOlaio氏と他の専門家は、トレーダーはその新たな資金を売る前に、安定的な姿勢を維持すると予測している
彼はCoinDeskに「人々はコインを二倍にしたい。ビットコインを売るなんて誰もしない。」と語った。
アナリストたちはビットコインに似た、新しい、幅広く取引される仮想通貨について、今後すぐ、もしくは長期間で起こりえること、数日後、数か月後に起こりえることについて様々な見解を述べている。しかしながら、すべてのトレーダーがこれらのビットコインキャッシュの定義を満たすとは思っていないことについては知っておくことはとても重要である。
仮想金融派生商品のプラットフォームであるBitMEXの創設者のArthurHayes氏は、例として「理論的には」ビットコインキャッシュの出現は、ビットコインの価格低下につながると述べた。しかし、これまでトレーダーたちがビットコインからフォークされる新たな通貨に寛容的でないことを踏まえて、彼はまだこれが本当に起こるのかと疑問に思っている。
「bitcoinclams、byteballなどを含め、これまでビットコインの所有権に基づいた類似した分裂が存在したが、価格の下落の原因になるものはなかった。私はこのビットコインキャッシュの分裂はビットコインの価格にごくわずかな影響しか及ぼさないと考えている。」と彼は言う。
さらにHayes氏はこう続けた。
「もともとタダ同然で購入できたビットコインに使われていたこのチェーンが長生きできると期待しているコイン保持者が多数いるとは私は思えない。」

■トレーダーの混乱

おそらくトレーダーたちの間での最大の不安は、この二つが同一の市場でどのように競い合っていくのかよりも、もし市場がこのような通貨を供給しなかったらどうするかである。
例えば、仮想通貨の換金サービスを行うCryptoCompareの共同創業者CharlesHayter氏は、利用者が2つの競合関係にある通貨の選択肢に惑わされると考える。そして、この考えを持つ者は彼だけではない。
「長期間でみると、これら二つの選択肢は、似た名前を持つため、市場に混乱をもたらすだろう。また、この混乱が何らかの問題を引き起こすのは明らかである。」
ベンチャーキャピタリストでありオランダ人アントレプレナーでもあるMarcVanderChijs氏は、悪い関係者が利益を得るための手段としてわざと混乱をさせようと企んでいるのではないかと考える。
「詐欺師たちが人々に「割引されたビットコイン」としてBTCの代わりにBCCを渡すことが想像することができる。」とCoinDeskに語った。「これらの話は潜在的な投資家たちが初めてのコインを購入することへの不安を煽ることになるだろう。」
これらの問題に加え、これから起こり得る問題を考慮に入れると、ビットコインとビットコインキャッシュの合計した価格は、CoinDeskBitcoinPriceIndex(BPI)で観察されている現在の平均価格の2700ドルを下回るとVanderChijs氏は予測する。
「不確定さが原因で人々がBTCとBCCからETHか他のコインに移るかもしれない。なので、今回の動きはビットコインの価格に良いものであるとは私は言えない。」と彼は語った。

■NoETC

未だに他の市場研究者は、今まで定着してきたネットワーク効果によりビットコインのフォークは、元の大きなビットコイン通貨に比べると競争が少なくなるのではと強調している。
イーサリアムネットワークを分裂させ、操業するまで一年とかからなかった、イーサリアムクラシックとは異なり、さらに広範囲のストックホルダーのネットワークとさらに発達したインフラで恩恵を受ける、BTCの価格は安定さを保つ、というのが反対派の見解である。
「ビットコインはイーサリアムとは違い、より通貨に似たものである。支払いサービスのようなたくさんのインフラが構築され、既に実行されている。」と仮想通貨取引所ZaifのCEO朝山貴生氏は言う。
暗号通貨ヘッジファンドのGaloisCapitalのオペレーターであるKevinZhou氏は、二つの競い合う違ったテクノロジー間の分裂により基礎ネットワーク効果の配分は偏るであろうと笑顔で返答した。
しかし、Zhou氏のコメントは、彼がこれをポジティブに捉え、現在のビットコインユーザー彼らの好みの特定のテクノロジーを用いた資産に置き換えることが可能なことを意図している。
「この種の違いは、まだ投入されていない可能性のある統合されたパッケージを買うことなく、資産をどちらか片方を選択して投入することができる。」と語る。

■何が予測されるか

現在、そして今後何がおこるのかというと、今までのどの予測も起こり得る。
発掘者とディベロッパーが分裂することを熱望していると主張しているが、コードが今後採用されないであろうブレーキを作ることを必要とする可能性がある。他の意見としては、高いボラティリティを持つ期間が創出され、経験豊富なトレーダーが得をし、専門的でない投資家たちが離れることを心配している。
投資家のVinnyLingham氏は、ビットコインの価格予想が将来プロトコルのため「大荒れの数ヶ月」になることを長い間知っていたため、ほとんどの彼の資産をこの市場に投入しなかった。
「ハイリスクは高い報酬に結び付くが、ポートフォリオの損失に結び付く危機でもある。いま私が目撃しているものを私は好まない。従って、もうすこし長い間、離れたところから座って眺めておくことにしておこう。」と語った。
Zhou氏や他の専門家からの実用的なアドバイスによると、取引に参加しようとしている投資家たちは、換金所が新しい仮想通貨へのサポートを行う見込みは希少であることから、ビットコインを換金所から引き出すべきだと強調している。
彼は最も迅速な方法として「BCCを捨てる」ことを勧めているので、偏った思想を持ったビットコインのトレーダーにとっては有益なアドバイスとなるであろう。
Zhou氏は下記のように結論付けている。
「私はBTCを換金所で売り払うことを勧めている。」(出典:CoinDesk)

■エムトレの視点

8月1日に新たな仮想通貨(暗号通貨)のBitcoinCash(BCC)が生まれたことは、仮想通貨取引を行っている投資家はよくご存知だろう。しかしながら、残念なことに、交換所各社の対応は非常に“ギーク”よりであり、一般の投資家は腑に落ちないところが多かったのではないだろうか。「保有しているBTCと同僚のBCCが付与される。」多くの理解はここまでだろう。新たな資産価値を持ったテクノロジーに対しての、コンシューマーへ向けた説明は喫緊の課題として各交換所は認識するべきだ。BCCのBTC価格への影響は不明だ。ただ現状では、BTC

【ニュース提供・エムトレ】


<FA>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

初心者でも100万円が夢じゃない 取引全自動のFXシストレ超実践ガイド
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。