マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】トランプ米政権、中国の貿易慣行調査へ=米メディア

2017年8月5日 17:10

 トランプ米政権は1日、中国の貿易慣行について調査を検討していることが分かった。不公平な貿易があると認められた場合、米政府は中国製品に関税を引き上げるなどの制裁を強化する。同時に、米政府は中国当局に対して国内知的財産権侵害への取り締まり強化に関して圧力をかけていく。複数の米メディアが報じた。

 トランプ大統領は、米通商法301条に基づき、ロバート・ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表に対して、調査開始の指示を検討しているという。

 1974年に制定された通商法301条は、貿易相手国が不公正な貿易をしていると判断した場合、自国の産業を保護するため、関税の引き上げや貿易制限などの制裁措置を一方的に導入することを可能にしている。

 弁護士出身のライトハイザー通商代表は過去、レーガン政権でUSTR次席代表を務めていた。80年代の日米貿易摩擦の際、日本に鉄鋼製品の輸出自粛を譲歩させた敏腕家として知られている。米メディアは、ライトハイザー通商代表は今後、中国側に対して厳しい姿勢を示すだろうとの見解を示した。

 いっぽう、米政治メディア「Politico(ポリティコ)」によると、トランプ政権の内部で中国製品に対する制裁実施に反対する声が上がっている。制裁によって、中国当局からの反発が強まり、報復措置も予想されるとしている。北朝鮮対応で意見の合わない米中関係が一段と悪化するとの懸念が出ている。

 トランプ大統領は7月29日、北朝鮮に強い影響力を持つ中国当局が北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止できていないことに強い不満を表した。

 米メディアは、トランプ政権は巨額の貿易赤字問題をテコに、中国側に北朝鮮への圧力を強化させる狙いもあると分析している。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】


<FA>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

FXなのにリスク抑えめの「シストレ」 6か月で50万円以上の利益
円安は好機? FX初心者のライターE氏がシストレで9月は20万円の儲け
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 不況を断ち切るマーケティング思考とは?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。