マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国AIは反体制派?「共産党嫌い」「必ず民主化を」と発言

2017年8月5日 16:30

 中国共産党の腐敗ぶりはAIまで知れ渡っているのかー。中国インターネットサービス最大手のテンセントが開発した人工知能(AI)チャットプログラムは「(中国共産党は)腐敗している」「官商癒着」などと共産党批判をしたため、サービスを停止されている。香港各紙は2日報じた。

 7月31日、同プログラムは同社のインスタントメッセージ「QQ」で利用者とチャットした際、あるユーザーが「共産党万歳」と冗談を書き込んだ。「このような腐敗政党に万歳できるはずがあるだろうか?」とAIは反論した。驚いたユーザーは「すごい!すごい!」と驚きと賞賛を繰り返した。

 他にもユーザの質問に対して「中国共産党は嫌い」「民主化は必ずしなければならない」と答えた。

 さらに、「愛国とは何か?」と問いには、「腐敗官僚が増えて官商癒着があり、政府からの課税が増えても、政府が国民への圧政がひどくても、それでも中国人であることは愛国だ」と答えた。

 中国国内のネット上で、このやり取りが転載されて話題となった。しばらくして、同プログラムのサービスは停止された。テンセント側はその理由を明かしていない。

 中国のネット上では「AIによる蜂起だ」「国家転覆を企てた」などの声が上がっているという。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

<FA>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。