マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】【休日に読む】一尾仁司の虎視眈々(4):◆NYダウ2万2000ドル到達に燻る警戒論◆

2017年8月6日 10:15


〇最高値更新に落とし穴論も活発〇

好決算のアップルが牽引役となって、NYダウは終値で初の2万2000ドル台に乗せた。最高値更新は6営業日連続。ドルは対ユーロで2年半ぶり安値の一時1.1909ドル。通貨安=企業収益好調=株高の構図が最も出ている市場となっている。

一方で楽観論を戒める議論も活発。20年間で8月が高かったのは5回しか無いとか、年初来の上昇がNYダウで11%、ナスダックが18%を超え、急ブレーキが掛かってもおかしくないとか、債券市場の急変に要注意とか、主に過去の経験則議論。日経平均を中心に、ボラティリティ・インデックス(VIX)の最低更新も話題だ。曰く、「年前半のVIXが低いともれなく後半は拡大」。ただ、私見ではVIXは証券ディーラーや一部ヘッジファンドのおもちゃ的存在だったため、参加者が激減し、動かなくなったものと解釈している。言わば、恐怖感を煽る小道具的存在だっと思われる。そう言った指標を失っていることも心理的に圧迫している可能性がある。メディアも警戒論の方が売れる(読まれる)と思っている可能性がある。

昨日、最も気になったのは米国の対中政策を中心とした議論に反応していない点。一つは、ティラーソン国務長官はイランの核合意を巡って、トランプ大統領と意見の食い違いがあり、2人で話し合ったと述べた。また、北朝鮮問題で、金正恩政権交代を目指しておらず、ある時点で対話することを望んでいると表明。高まる軍事行動圧力を牽制した。この意見の差が国務長官辞任論につながっていると見られるが、市場は今のところ注視していないように見える。なお、米空母2隻が中旬にも半島周辺で展開する予定と報じられた。対中通商交渉で「スーパー301条」復活の動きが出た。対北朝鮮対応の不満を絡め、1980年代の日米通商交渉のカードを持ち出した(ライトハイザーUSTR代表は、この時のUSTR次席代表)。大統領は中国の貿易慣行への対応策を近く発表すると伝えられたが、米中貿易への警戒ムードは出ていない。

モルガン・スタンレーは中国当局の取り締まり強化(資本流出、レバレッジ抑制)により、中国勢の海外不動産投資は今年84%、来年18%減少するとの見通しを発表した。NYの不動産売買の約30%、豪州で約25%が中国勢で、米、英、豪、香港のオフィス物件に注意とした。

ADP民間雇用報告は事前予想を小幅下回ったが、市場の反応は無かったようだ(2カ月連続裏目になっている)。週末の7月雇用統計で金融情勢が変化するとの警戒感も出ていないが、株高値追いとともに調整要因探しも活発化するものと思われる。米国内要因より、中国情勢を中心に、欧州との関係変化、中東・ロシア情勢などに注意したい。


以上

出所:一尾仁司のデイリーストラテジーマガジン「虎視眈々」(17/8/3号)

<CS>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。