マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】世界中で相次ぐICO取引、その秘められた可能性とは【アルトコイン評価ニュース】

2017年8月7日 10:42

新規仮想通貨公開(ICO= Initial Coin Offerings)市場の始まりは2013年9月にさかのぼる。米企業のオムニ(旧マスターコイン)がビットコイン(Bitcoin)2.0を利用した世界初のクラウドファンディングを行い、約500万ドルが集められたという。これを皮切りに、起業家やスタートアップはベンチャーキャピタル(VC)からの資金調達でなく、ICO取引による資金調達に注目し始めている。実際に米国でのICO取引件数は右肩上がりとなっているほか、資金調達額の規模も2016年の平均1億万ドルに対して2017年に同1億8000万ドルへ拡大している(スミス・クラウン調べ)。

資金調達として魅了されるICO取引の利点とはなにか。ICO取引は米クラウドファンディングサービスのキックスターターのように、ネットを通じて個人を含む不特定多数から資金調達できる。発行した株式を証券会社に仲介してもらい投資家に販売する新規株式公開(IPO)と異なり、「短時間かつ素早く」資金を得られる。また、時価で取引が可能な仮想通貨を使用することにより、売却したいタイミングも比較的はかりやすい。ICO取引自体が新しい動きであることから、それを活用した資金調達は注目が集まり、企業の認知度の向上にもつながる。新たなビジネスモデルを生み出す起業家にとっては、ベンチャーキャピタルや投資家を探す手間を省けるほか、世界中から出資者を集うこともできる。

一方で、ICO取引への懸念もある。上場審査や情報公開など投資家保護の仕組みなど法の整備が遅れているほか、投資詐欺まがいの案件も発生している。これを受けて、一部の国では規制が強化され始めている。米証券取引委員会(SEC)は2017年7月、ICOを通じて発行した通貨を「有価証券」とみなすことを発表。これにより、情報開示が義務付けられ、投資家保護のための監視対象となることが定められた。また、8月3日にはシンガポール通貨庁(中央銀行)も仮想通貨やデジタルトークン発行を同庁の規制対象に認定すると発表した。

徐々に法が整備されていくことで懸念材料が払拭され、ますますICO取引の動きが活発になる可能性はある。

<MS>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。