マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】ファンドの手仕舞い売りによる買い場探しも一考か サンワード貿易の松永氏(三井智映子)

2017年8月8日 8:55

フィスコマーケットレポーター三井智映子の「気になるレポート」です。今日は久々にトウモロコシ市場についてレポートします。

レポートではシカゴコーンの値動きについて、『シカゴコーン12月限の安値は、昨年12月1日が374.5セント、昨年12月23日が375.75セント、今年の3月27日が378.25セント、4月21日が379.25セント、6月23日が374セント、8月3日が375セントとなり、375セント付近での下値抵抗が続いております』と伝えています。

続けて、シカゴコーンにおけるファンドの買い越し枚数については、『前週まで3週連続で今年最高水準となる17万枚台を記録しておりましたが、ようやくファンドの手仕舞い売りが出始めたようです。あとは、需給報告を受けてファンドがどう動くのかが注目でしょう』と分析しています。

今後については、『今回の需給報告を受けてファンドの手仕舞い売りが進めば、本格的に東京トウモロコシの買い場探しも一考かもしれません』との見解となっています。

また、『米農務省による需給統計発表が迫っております。今回の需給報告は、これまでの農家への聞き込み調査ではなく実態調査によるものですから特に注目されております』とのことですので需給統計発表もチェックしていきたいですね。

上記の詳細コメントは、ブログ「松永総研~北浜の虎と呼ばれた男~」の8月7日付「トウモロコシ市場」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子

<DM>

fisco

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。