マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】コラム【新潮流2.0】:ゾンビとAI(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)

2017年8月9日 11:08

◆夏はカリフォルニアのビーチで過ごすことが多い。今年も一足早く休みをとってLAに滞在してきた。LAはテーマパークが多いので子連れの旅行にも適している。人気テーマパークのひとつ、ユニバーサルスタジオ・ハリウッドで1年前にオープンした最新アトラクションが、「ウォーキング・デッド」だ。ゾンビに支配された世界でのサバイバルを描くドラマ「ウォーキング・デッド」をモチーフにしたものだが、オリジナルのドラマもアトラクションも大人気である。実は数年前から「ゾンビブーム」とでもいうべき状況が起きている。

◆初期のゾンビはブードゥー教の魔術によって蘇った単なる操り人形で、労働力として使われる奴隷のようなものだったが、その後のホラー映画によって自ら行動し人を襲うものとして描かれて以来、その姿がすっかり定着した。そう考えると、ゾンビの恐怖はシンギュラリティ(レイ・カーツワイルなどが主張する「AIが人間の知能を追い越す技術的特異点」という考え方)の脅威に似ている。 機械は人間の労働を楽にしてくれる道具だったが、徐々に人間から仕事を奪うライバルとなった。昨今、機械はAIで自ら学習し人間の領域を猛烈な勢いで侵食している。ロボットやAIによって職が奪われ自らの生活基盤を失う不安が「ゾンビブーム」の一端に現れているような気がする。

◆実際に、19世紀のはじめ、産業革命にともなう機械の普及により、失業の怖れを感じた労働者は機械を破壊した。ラッダイト運動である。ゾンビ映画もゾンビゲームもひたすらゾンビを撃ちまくるものが多い。いまやAIを否定し、ロボットを破壊することなどできない。本当は自分の職を奪うAIやロボットを壊してしまいたいのだが、それができない反動がゾンビを撃つことなのではないか。

◆過剰なAI脅威論に反論も出始めている。パリ第六大学でAI研究チームを率いる哲学者、ジャン=ガブリエル・ガナシア氏は近著『そろそろ、人工知能の真実を話そう』のなかで、シンギュラリティは科学というよりSF的な世界観だと切り捨てている。グーグルの「アルファ碁」の生みの親である英ディープマインドのCEO、デミス・ハサビス氏は、「あらゆる企業が『AIを使っている』と吹聴するが、9割はその意味を理解せず、マーケティング用語として使っている。まさにAIバブルだ」と述べている。

◆理学部出身のSF作家、松崎有理氏のゾンビ小説『やつはアル・クシガイだ』の巻頭にはこんな言葉がある。<我々に武器を執らしめるものはいつも敵に対する恐怖である。しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である>(芥川龍之介『侏儒の言葉』)。これは普遍の真理であろう。様々なものに当てはまる。AIにもゾンビにも、「枯れ尾花」にも、である。

◆しかし、そうは言ってもなあ…。わかっちゃいるけど怖いものは怖いのだ。ユニバーサルスタジオの「ウォーキング・デッド」、正直、いい大人が泣きそうになった。最近、相場が動かなくて刺激のない日々に飽いているトレーダーの方へ。「ウォーキング・デッド」を体験されることをお勧めします。心の底から震え上がるスリルを味わえること確実。これに比べれば相場急落のスリルなんてかわいいものに感じます。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:8/7配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)

<DM>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。