マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】ビットコインは危険なゲームかもしれない

2017年8月9日 10:50


2017年は、一般的にビットコインと暗号通貨にとって重要な分岐点の年である。ビットコインの価格は記録的な水準まで上昇し、ICOは10億ドル以上の資金を調達している。
暗号通貨支持者は、この急速な成長は、このテクノロジーがほぼ無限のユースケースを提供するという認識の高まりから生じていると主張する。一方、批評家はビットコインを17世紀のオランダのチューリップバブルと比較し、ビットコイン価値は完全に投機からきていると主張する。

ニューヨーク大学金融学教授のAswathDamodaran氏は、彼の個人ブログ「MusingonMarkets」で、その議論について語った。Damodaran氏は、ビットコインの猛烈な批評家よりも適度な語調を取っているが、彼は懐疑的な考えを示し、ビットコインは単に「危険な数字だけのゲーム」になるかもしれないと示唆している。

■ビットコインの最弱のリンク

Damodaran氏は、ビットコインの通貨として有用性を分析することによってその結論に至っている。通貨の地位は、その通貨が勘定単位、交換手段、および価値の保存としてどれだけうまく機能するかによって評価されるとDamodaran氏は述べる。暗号通貨の最弱のリンクは、「それらが交換媒介物として、また、価値の保存として深く浸透していないことである」と彼は言う。具体的に、彼はビットコインが小売業者からほとんど受け入れられてないことを訴えており、モルガン・スタンレーが最近述べた「事実上ゼロ」の受け入れというに考えと一致している。
▽参考
ビットコインの受け入れは「実質的にゼロで収縮している」と、MorganStanley(モルガン・スタンレー)は主張
Damodaran氏は、ビットコインが受け入れられていない理由は、慣性(社会の変化を受け入れが鈍いこと)、価格の変動性、他の暗号通貨との競争のためであると言う。ビットコインの価格変動は投資家にとっては良いことであるが、交換媒介物として受け入れられることを妨げると彼は述べる。さらにDamodaran氏は、具体的な例は述べていないが、金持ちになるための手段としてビットコインを推進するビットコイン開発者とそのコミュニティを非難している。
Damodaran氏は、ビットコインの通貨としての有用性は記録的な価格水準によって示されているのか、それとも、単なる「終わりのない危険な価格設定のゲーム」なのかを正直に評価するよう人々に呼びかけている。
「もしあなたはビットコインが最終的にデジタル通貨として広く受け入れられると信じているのであれば、ビットコインの現在の価格を正当化することができるかもしれません。しかし、ビットコインは広く受け入れられないだろうと考えるのであれば、あなたは自分自身に正直になり、ビットコインは儲けるためだけの危険な価格のゲームであることを認識して下さい。」

■ビットコインはプライバシーと中央集権化を妥協しなければならない

Damodaran教授は、ビットコインや他の暗号通貨が法定通貨と争う可能性はないと信じているが、法定通貨とデジタル通貨の競争に関して強気な見通しを持っている。
「私は、割合早くに、売買の取引手段として法定通貨と競合する1つ以上のデジタル通貨が現れると考えていますが、現在存在する暗号通貨の中でどの通貨が競争を勝ち抜くかを判断することは難しいです。しかし、もし暗号通貨の支持者と開発者が暗号通貨を投機的な資産としてではなく、交換媒介物として考え始めれば、どの暗号通貨が競争を勝ち抜くか判断できるかもしれません。それが起こらなければ、私たちは新しいものを待たなければならず、市場における最も永続的なステージはブロックチェーンである可能性があり、暗号通貨自体ではないかもしれません。」
Damodaran氏がビットコインが成功するかどうか疑問に思う理由の1つは、ビットコインがプライバシーと分権化(decentralization)にコミットしすぎているためである。ビットコインや他のデジタル通貨が多くの人に受け入れられるには、ユーザーのプライバシーと中央集権化(centralization)に関して妥協する必要があると彼は主張する。
「私たちは信頼が希少資源である時代に生きています。私は暗号通貨の成長は、この信頼の喪失が原因であると主張しました。しかし、通貨として効果的であるためには、あなたは何かを信頼し、おそらくプライバシーと中央集権の妥協を受け入れる必要がある(少なくとも通貨のいくつかの次元では)。」
暗号通貨のコミュニティの多くは間違いなくそれが悪魔の交渉だと考えている。(出典:CryptoCoinsNews)

■エムトレの視点

Damodaran氏の主張に同意する。まさに、ビットコインもしくはその他の暗号通貨が法定通貨の代替物となり得るためには、プライバシーと中央集権化に関して“ある程度の”妥協は必要となるであろう。ビットコインの最大のメリットと言ってもいい部分の崩壊はまた、ビットコインそのものの分裂にも繋がりかねないため結果として、妥協は起こらないだろう。その結果、実質ゼロ価値のマネーゲームないしはババ引きで終わる可能性すらある。他方、ビットコイン及びブロックチェーンが示した可能性は、法定通貨や経済の新たな方向性を示したといっても過言ではなく、どのブロックチェーンなのかはともかくとして、ブロックチェーン自体は生き残るのではないだろうか。


【ニュース提供・エムトレ】


<FA>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。