マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】売買審査業務へのAI適用に関する実証実験を開始

2017年8月9日 18:04

株式会社SBI証券【関東財務局長(金商)第44号】は、FinTech技術活用の一環として、日本電気株式会社(NEC)とAI(人工知能)を売買審査業務に適用する実証実験を開始した。
SBI証券の売買審査業務は、不公正取引の可能性のある注文を、あらかじめ設定した基準によって、システム的に幅広く抽出し、そのデータのなかから審査担当者が不公正取引の可能性を判断、疑いのあるものについては更に詳細な調査を進める2段階のフローとなっている。しかし、初期調査のデータが多いため、審査担当者の業務効率が上がらない課題を抱えていた。近年の売買審査業務は、不公正取引の複雑化等により、審査対象が拡大しており、不公正取引の疑いのある注文を正確かつ迅速に判断することが、より重要になってきている。

今回の実証実験では、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」ひとつであるディープラーニング技術を搭載した「NEC Advanced Analytics RAPID機械学習」を導入。過去の不公正取引を「RAPID機械学習」に学習させることで、審査担当者による初期調査の大部分を「RAPID機械学習」が判断し、その結果、審査担当者の業務を減らし、より高度な分析が必要な取引に注力することができるはずである。

これまではあらかじめ設定した内容に基づき不公正取引を調査してきたが、「RAPID機械学習」により、これまで発見が難しかった新たな不公正取引の傾向もつかむことができると考えている。

【ニュース提供・エムトレ】

<SK>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。