マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】記録的な3,375ドルのビットコインの値段は暗号通貨市場の時価総額を1,170億ドルにする

2017年8月9日 23:10

8月は暗号通貨市場にとってエキサイティングな月であった。ビットコインキャッシュ(BitcoinCash)ハードフォークの成功後、ビットコイン(Bitcoin)の価格は3,375ドルまで急騰した。イーサリアム(Ethereum)の価格も、7月の低迷を受けて正しい方向に動いている。これらの2つの要因が組み合わさせられ、暗号通貨市場の時価総額を新しい記録に引き上げた。

7月が終わり、UAHFに近づくにつれて、全暗号通貨の時価総額は900億ドル以下になった。それ以来、暗号通貨の時価総額は新たな記録にまで到達した。現在、暗号通貨市場の上限総額は1,178億ドルである。

注目すべきことは、ビットコインとイーサリアムが、今年初めの暗号通貨市場の時価総額から現在の時価総額に増加させたことだ。

■ビットコインの価格は記録的な高値に上昇

8月初旬以来、マーケットの不確実性があるにも関わらず、ビットコインの価格はを20%以上上昇している。先週末には、ビットコイン価格が3,200ドルの値を打ち破り、新しい記録を打ち立てた。月曜日もこの動きは続き、3,375ドルの最高値まで上昇した。マックス・カイザー(MaxKeiser)氏が予測する、ビットコインの5000ドルへの到達は実現するのだろうか?
▽参考
ビットコイン価格は$5000に到達間近?

ビットコインは現在、557億ドルの時価総額を有しており、これは5月初めの全暗号通貨の時価総額よりも大きい。

■イーサリアムの値段は270ドルを超える

ビットコインの上昇はイーサリアムに悪影響を与えていない。イーサリアム価格は8月初旬に急激に上昇し、先週だけで36%増加した。7月31日、イーサリアムの価格は200ドル以下であった。8月7日は271ドルに成長している。

イーサリアムは現在、254億ドルの時価総額を有している。これは、3月末の全暗号通貨の時価総額よりも大きい。

■ビットコインキャッシュ価格は300ドル以下

ビットコインキャッシュは、8月1日の作成以来すぐに700ドルに上昇した。多くのトレーダーが予想していたように、取引所がBCHの入出金を許可したときに、ビットコインキャッシュの価格は急落した。一部の人はビットコインキャッシュが「砂上の楼閣」であるという証拠としてこれを見ていたが、フォークされたコインの支持者は、そのようなボラティリティは初期の段階で予測されるべきだと主張している。
70%が落ち込んだ後、ビットコインキャッシュは約200ドルの底値に達し、その価格帯に安定した。ビットコインキャッシュ価格はスランプからの脱却を始めている。時価総額は45億ドルとなっているが、引き続き300ドルを下回っている。ビットコインキャッシュは現在、時価総額ランキングで4位に位置している。

■ネム(NEM)はライトコインを抜き、5位に位置する

ほぼすべてのアルトコインは、ビットコインの記録的価格上昇から利益を得ている。今週はリップル(Ripple)価格が9%上昇し、70億ドルの時価総額を突破した。

ネム(NEM)の価格は69%上昇して0.276ドル、時価総額は25億ドルとなった。一方、ライトコインは11%増の46ドルであった。そしてこれにより、ネムは時価総額がトップ5であったライトコインを抜いた。

イーサリアムの価格は7日間で11%上昇し、Dashの価格は10%上昇した。IOTAとNEOはびっくりするほど上昇を見せた。ある大きな発表後、IOTAの価格は1週間で87%上昇し、0.476ドルとなった。一方、NEOの価格は161%上昇し、時価総額ランキングでは10位になった。

■ビットコイン市場を支配する

暗号通貨市場が過去最高で1,150億ドルに達したとき、ビットコインのシェアは37%まで低下した。これは、イーサリアムがビットコインを追い抜くだろうという憶測を誘発した。その2ヶ月後の現在、市場は再び記録的な水準に達したが、ビットコインはもっと有利な立場にある。

ビットコインは現在、47.4%のマーケットシェアを誇っている。一方、イーサリアムは21.5%である。リップルのシェアは5.9%に低下しているが、ビットコインキャッシュ(上の写真に表示されいない)は約4%に減少している。(出典:CryptoCoinsNews)

■エムトレの視点

一時イーサリアムがビットコインの時価総額1位の座を脅かしたが、8月1日以降再びビットコインがその座を確固たるものにしようとしている。ビットコインの有用性はともかくとして、ビットコインブロックチェーンの有用性および、仮想通貨における基軸通貨的な立ち位置であることから、しばらくこの状況は続くのかもしれない。ビットコインハードフォークの“一旦の”落ち着きを見せたことから、しばらくは再び暗号通貨全体の時価総額は上昇するのではないだろうか。


【ニュース提供・エムトレ】


<SK>

fisco

「マネーポストFX」の注目記事

3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
半年の最大損失が約6万円なのに、取引全自動で稼ぎは50万円以上のFX
取引全自動のFXシストレ 5万円元手に1か月で8万円稼いだ実力
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
相場観ゼロでもFXで1000万円稼ぐ方法とは
  • 約1年で140万円の儲け 暴れ馬ポンドで稼いだFXシストレ
  • 3か月で100万円に サラリーマンでも実践可能なリピート系FXのやり方
  • 2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    2017年夏号(6月1日発売号)

    大特集は〈ただならぬ大化け株 総力発掘50〉。藤野英人氏が見出した「次世代テーマ株」や、戸松信博氏、藤井英敏氏らが注目する爆騰期待の個別株をランキング形式で紹介。橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。