マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】ビットコインのセグウィット適用が確定、今後の流れと価格への影響は【フィスコ・ビットコインニュース】

2017年8月10日 18:59

ビットコイン(BTC)にセグウィット(Segwit、Segeregated Witness)という取引処理能力向上のための技術施策が適用されることが、日本時間8月9日午前3時ごろ確定した。確定がほぼ確実とみられていたことから、5日頃からビットコイン価格は上昇し、フィスコ<3807>傘下の仮想通貨取引所のビットコイン/日本円チャートでは8日、393,400円の過去最高値を記録した。

9日に確定したセグウィット適用だが、実際に使われるようになるのは、ユーザーやマイナー(採掘者)がソフトウェアをアップグレードする必要を考慮して2週間ほど後、8月23日前後と見られている。この前後にも、ビットコインの価格が動く可能性がある。

セグウィットとは、ビットコインの長年の課題だった取引処理能力を高めるために非常に有力視されている技術だ。ビットコインの取引履歴の保存をする技術はブロックチェーンと呼ばれ、約10分に1ブロックの頻度で取引履歴データを格納するが、ビットコインの取引量が今後も増えた場合に、この1ブロックのサイズが不足してしまう恐れがあった。サイズ不足による処理能力の限界により、取引の遅延や停止が生じる可能性や取引手数料の高騰が懸念されていたが、セグウィットの導入は、取引履歴データのサイズを圧縮することで1ブロック当たりのデータ容量を高めることができ、懸念を払拭すると期待されている。

セグウィットの適用にはマイナー(採掘者)と呼ばれるビットコインの発行作業に貢献するネットワーク参加者の80%以上の支持が必要だったが、結果は100%の支持を得て、満を持してのスタートとなる。

セグウィットが適用されると、ビットコインによる支払い機能の利便性が飛躍的に高まることが期待される。例えばセグウィット適用後に可能になると見込まれるライトニングネットワークと呼ばれる技術は、ビットコインによる1円以下の超少額支払いや、それを可能にするごく少額の取引手数料、また1秒以内の取引完了の実現を目指す。また、アトミックスワップという技術では取引所などの仲介者を介することなくビットコインやライトコインといった異なる通貨を個人間で交換するためのものだ。

こうした超高速、超安価な送金が実現すれば、現状では実際の利用者はまだごく少ないビットコインを利用するインセンティブが上昇するという期待感があり、セグウィットとそれに関する技術動向は今後もビットコイン市場を動意づける大きな要素のひとつとなろう。

<SI>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。