マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】ユーロ週間見通し:上値の重い展開か、北朝鮮情勢への警戒感残る

2017年8月12日 15:01

■反転、1.18ドル台を回復

先週のユーロ・ドルは反転。一時1.17ドルを下回ったが、米インフレ鈍化の思惑が台頭したことや米朝間の緊張状態が一段と高まったことから、リスク回避の米ドル売り・ユーロ買いが活発となったことが要因。ユーロ圏と米国の金利差拡大の思惑は後退し、ユーロは1.18ドル台を回復した。取引レンジ:1.1689ドル-1.1847ドル。

■底堅い動きか、ECB理事会議事要旨が手掛かり材料に

今週のユーロ・ドルは底堅い動きとなる見込み。7月消費者物価指数(CPI)改定値などユーロ圏の経済指標や欧州中銀(ECB)理事会議事要旨の内容が注目される。ECBによる金融緩和縮小への期待が高まればユーロ買いが再び広がる可能性がある。米国と北朝鮮の関係悪化は引き続きユーロ買い材料になる。

予想レンジ:1.1750ドル−1.1950ドル

■弱含み、円高・米ドル安の影響受ける

先週のユーロ・円は弱含み。米ドル・円相場が円高方向に振れたことかた、ユーロの対円レートは一時128円近辺まで下落した。地政学的リスク増大を警戒したユーロ売り・円買いも観測された。取引レンジ:128円05銭-130円87銭。

■上値の重い展開か、北朝鮮情勢への警戒感残る

今週のユーロ・円は上値の重い展開か。欧州中銀(ECB)の引き締めに期待が広がるなか、4-6月期域内総生産(GDP)改定値やECB理事会議事要旨などが材料視されよう。一方、北朝鮮のミサイル開発をめぐり米朝間が対立しており、朝鮮半島有事への懸念が継続すれば円買いに振れやすく、ユーロの上値を押さえそうだ。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・14日:6月鉱工業生産(5月:前月比+1.3%)
・16日:4-6月期域内総生産改定値(速報値:前年比+2.1%)
・17日:欧州中銀理事会議事要旨公表
・17日:6月貿易収支(5月:+214億ユーロ)
・18日:6月経常収支(5月:+183億ユーロ)

予想レンジ:128円00銭-130円00銭

<FA>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。