マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】色褪せたBRICS、輝く東南アジア

2015年11月16日 7:59

BRICs(ブリックス)の名付け親ともいえる投資銀行が、BRICsファンドから撤退すると伝えられている。BRICsとはブラジル、ロシア、インド、中国の成長著しい新興国の頭文字を取って名付けられたものだ。後に、当初の「BRICs」ブラジル、ロシア、インド、中国の4ヶ国に南アフリカ共和国を加えた5ヶ国が、「BRICS」と呼ばれるようになり、BRICS首脳会議が開催されるまでになった。
 いずれも2000年代に入って目覚ましい経済発展を遂げていたため世界の成長セクターとしてもてはやされていたが、ここにきて成長に急ブレーキがかかり失望を招いている。特にブラジルは高インフレと財政赤字に苦しみ、相次ぐ格下げやマイナス成長転落へと、状態は悪化の一途をたどっている。中国やロシアについても経済の減速が顕著で、なんとか成長性に期待をつないでいるのはインドだけという有様だ。
 BRICSの中で大きく低迷している国は資源価格の影響を受ける国だ。資源を爆食する中国のスローダウンによって資源価格が下落し、これにより大きな打撃を受けている。これらの国の経済成長が目覚ましかったのは、結局中国の資源消費に支えられていただけとも言える。今後これらの国が復活するかどうかは、ひとえに中国経済がソフトランディングし、その後景気回復に向かうかどうかにかかっているといえよう。
 色褪せたBRICSにかわる次の成長セクターは東南アジアだろう。東南アジア諸国は世界経済の減速にもかかわらず高成長を維持している。短期的には中国経済の減速等の影響を受ける可能性はあるが、巨大な人口のなかから中間所得層が爆発的に増加しつつあることで内需が伸びており、長期的に世界を牽引する成長セクターとなるだろう。
 幸い日本は地理的に東南アジアに近い。また、環太平洋経済連携協定(TPP)の締結は東南アジアの成長に乗る絶好のチャンスとなる。少子高齢化・人口減少で国内の成長が限定的となる可能性がある日本だが、東南アジアの成長にうまく乗ることができる日本企業は有望であろう。

<YU>

fisco
  • Amazonギフト券3万円分があたる? 「マネーポストWEB」twitterキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度3年連続1位!餃子が大量にもらえるFX会社?
  • 2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    水上紀行ニュースフラッシュ

    2017年春号(3月1日発売号)

    大特集は〈平成ラストバブルの号砲〉。戸松信博氏、藤井英敏氏らがこれから大化け期待の個別株をランキング形式で紹介。西堀敬氏によるIPO投資の最新攻略ガイドの他、橘玲氏、森永卓郎氏らによる連載も充実。定価620円。お早めにお求めください。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。