マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】北朝鮮ミサイル、再び日本上空通過 方角次第でグアム射程も

2017年9月15日 10:49

[東京15日ロイター]-北朝鮮は15日朝、日本上空を通過する弾道ミサイルを再び発射した。ミサイルは首都・平壌付近から東へ約20分間飛行し、襟裳岬の東方約2200キロの太平洋上に落下した。飛距離は前回8月29日発射時より約1000キロ延びており、方角を変えれば米領グアムに届いた可能性がある。

インドから帰国したばかりの安倍晋三首相は同日朝、官邸で記者団に「再びこのような暴挙を行ったことは断じて容認できない」としたうえで、「今こそ国際社会の団結が求められている」と語った。

さらに国連安全保障理事会の緊急会合の開催を要請する考えを明らかにした。日本政府は国家安全保障会議(NSC)を開き、安保理で新たな対応が必要との方針を確認した。

ミサイルは日本時間午前6時57分、首都平壌近くの順安から発射。韓国軍によると、最高高度は770キロ(日本政府は800キロと推定)、飛距離は3700キロだった。北朝鮮からおよそ3400キロに位置するグアムに届く能力を示したことになる。

日本政府によると、ミサイルは襟裳岬の東方2200キロの海上に落下した。米軍は中距離弾と発表。河野太郎外相は記者団に大陸間弾道弾(ICBM)だった可能性を示唆したが、小野寺防衛相は中距離弾だったと述べた。

北朝鮮の弾道ミサイルが日本上空を通過したのは、8月29日以来6回目。前回は飛距離2700キロ、最高高度は550キロだった。

北朝鮮は9月3日に6回目の核実験を実施。国連安全保障理事会は11日、北朝鮮に対する原油や石油製品の輸出制限を含む新たな制裁決議を全会一致で採択した。これに北朝鮮は強く反発していた。日米韓など各国は新たな挑発を警戒し、安倍首相はインドから日本への帰国時間を繰り上げていた。

*情報を追加しました。

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。