マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 市況・概況】節目の2万円を試す展開が意識されてきそう【クロージング】

2017年9月15日 16:16

15日の日経平均は反発。102.06円高の19909.50円(出来高概算19億8000万株)で取引を終えた。終値ベースでの19900円回復は8月8日以来となる。政府は北朝鮮からのミサイルが北海道上空を通過し、襟裳岬東方の太平洋上に落下したと発表。地政学リスクへの警戒から日経平均は小幅に続落して始まった。しかし、昨日の段階で兆候がみられていたこともあり、寄付き直後には上昇に転じている。

その後はこう着感の強い相場展開が続いていたが、海外投資家による持ち高調整や指標面での割安感からの買いが入っているとの見方がされるなか、後場半ばには日経平均の上げ幅が100円を超えている。その後も大引けにかけてまとまったバスケット買いが入っており、東証1部の売買代金は2.8兆円を超えた。

日経平均は、直近戻り高値水準に位置する75日線レベルでの攻防が続く中、これを突破しつつある。地政学リスクへの警戒は根強いが、海外勢による資金流入が観測されており、節目の2万円を試す展開が意識されてきそうである。

来週は19、20日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれる。終了後に経済予測が公表され、イエレンFRB議長が会見するが、バランスシート圧縮が決定されると予想する参加者が多い。これを受けた金利や為替動向が変動要因になりそうだ。また、21日に東京ゲームショウ2017が開幕する。足元で調整が目立っていたゲーム関連への仕切り直しが期待される。

<AK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。