マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【Miniトピック】北朝鮮ミサイル再発射で国連安保理は非公開の緊急会合を開催へ

2017年9月15日 19:33

 報道によると、北朝鮮が日本時間15日早朝に再び弾道ミサイルを発射したことから、国連安全保障理事会は15日午後(日本時間16日未明)に緊急会合を非公開で開くことになりました。非公開の理由は不明ですが、会合では報道機関向けの声明を調整することや既存決議の履行徹底を確認することになるようです。

 市場関係者の間からは、「ミサイル発射は極めて深刻な挑発行動であり、到底容認できない」との声が聞かれていますが、「米国がただちに軍事行動を起こすことは考えられない」との見方は多く、外為市場ではリスク回避の取引(主要通貨に対する円買いなど)が大きく広がることはないとみられています。

 市場関係者の間では、北朝鮮によるミサイル再発射は日米の金融政策に何らかの影響を及ぼすとの見方が出ているものの、次週9月19-20日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合でバランスシートの縮小作業を開始することが発表されると予想されています。
地政学リスク増大に対する警戒感は残るものの、米金融政策の正常化を好感してドル・円は底堅い動きとなる可能性があります。

<MK>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。