マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】シノケンG Research Memo(9):不動産販売事業とストックビジネスの好調で、通期業績は会社計画を上回る可能性

2017年9月19日 15:09

■シノケングループ<8909>の今後の見通し

1. 2017年12月期の業績見通し
2017年12月期の連結業績は、売上高は前期比29.2%増の105,000百万円、営業利益が同10.7%増の11,700百万円、経常利益が同11.2%増の11,000百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同17.1%増の7,800百万円と期初会社計画を据え置いている。セグメント別の業績は開示されていないが、主力の不動産販売事業についてはアパート販売が第2四半期末で57,349百万円と高水準の受注残を抱えていることから、首都圏を中心に今下期も全体として好調を持続する見通しであり、それに連動する格好で賃貸管理や家賃等の債務保証などの不動産管理関連事業、並びにエネルギー事業も2ケタ台の増収増益が続くものと予想される。マンション販売については、前期の水準が高かった反動による相対的な減収減益を見込むものの、あくまで会社計画どおりに推移する見込みだ。

営業利益率が前期の13.0%から11.1%へ低下するが、これは前述したとおり利益率の高いマンション販売の売上構成比が低下すること、アパート販売では用地価格が高い首都圏の販売構成比が上昇することなどが要因となっている。ただ、第2四半期累計業績では、利益率並びに利益額で会社計画を上回っており、今後市場環境に大きな変化がなければ、通期業績に関しても利益ベースで計画を上回る可能性が高いと弊社では見ている。

なお、民泊関連事業では国家戦略特区指定地域である東京都大田区で民泊対応マンション(総戸数46戸)の分譲を開始したほか、大阪市東成区で民泊対応アパートの分譲も開始するなど、2018年春の民泊新法施行を控えて、その取り組みを強化している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<NB>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。