マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】クロスマーケ Research Memo(13):今中期経営計画は未達になる見込みだが、中身は評価できる

2017年9月20日 15:12

■中期経営計画

2. 2015−2017年度中期経営計画の振り返り
クロス・マーケティンググループ<3675>は2014年に発表した中期経営計画で、2017年12月期に売上高17,985百万円、経常利益1,500百万円を目指していた。しかし、最終年度の2017年12月期は期初計画から既に売上高17,350百万円、経常利益1,400百万円と未達計画になっていた上、期中にKadenceに関する特殊なのれん償却と減損が発生したことで、経常利益は1,071百万円へと更なる下方修正となった。

しかし、事業上の利益は中期経営計画目標値に対して誤差レベルの水準であり、おおむね計画どおりの進捗といってよいだろう。また、目標としていた事業領域と事業エリアの積極的な拡大、アジアNo.1へ向けた土台作りは出来上がりつつあると考えられる。つまり、本業の成長が続いていることを示していると考えることができる。

一方で心配な面もある。2013年の持株会社化というターニングポイントでM&Aや新規事業、海外展開など性急に手を広げ過ぎたのではないか、ということである。これに対し同社は、国内については手を広げながらも一方で重複機能など整理整頓も進めているもようであることから、生産性向上による今後の効率改善を期待したい。海外については、2017年12月期第2四半期のKadenceの株式取得における追加支払いの影響は、株式市場でネガティブサプライズになるほどマイナスインパクトが強かった。しかし、考えてみれば、業績がよくなって全体収益にマイナスになったのは単に契約の問題であり、ファンメンタルズ的には喜ばしいことのはずである。むしろこの好調を今後も続けられるようすべきであり、同社経営陣はグリップを強めている。

国内各事業は順調であり生産性向上の余地がある。海外ではKadenceの業績は好転している。マーケティングソリューションへの進化とアジアNo.1への土台作りは出来上がりつつある。こうしたことを考慮すれば、今後も中期的に2ケタ成長を目指すことができると考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。