マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ピクスタ Research Memo(9):韓国版PIXTAを7月にリリース。ローカルコンテンツの充実でシェア拡大を急ぐ

2017年9月22日 15:08

■中長期の成長戦略と進捗状況

3. 海外展開の戦略と進捗状況
海外展開はPIXTA事業の海外市場での運営が基本的内容だ。ピクスタ<3416>は世界中とつながるインターネットの特性を生かして日本のPIXTAの多言語対応を進め、世界数十ヶ国のクリエイターからの投稿を集めるほか、利用者も世界中に散在している。

同社の海外展開は、日本の『PIXTA』に海外ユーザーを呼び込むのではなく、海外のローカルな『PIXTA』をローンチすることだ。これを行う理由は、ローカルコンテンツを充実させないと成長が難しい市場が存在するためだ。実は日本もそうした市場であり、同社が急成長を遂げた要因はここにある。同様な市場は韓国やタイ、インドネシアなどアジア地域に多くみられる。そうしたなか、同社が本格的海外展開の対象としたのが韓国だ。

同社は2017年3月に韓国のTopicを子会社化した。その後、急ピッチで開発を進める一方Topicの経営資源も生かして、2017年7月に韓国版PIXTAをリリースした。同社によれば、韓国でのマーケットプレイス型のデジタル素材サービスは、欧米系企業が一部展開しているにとどまっているもようだ。同社はそこでローカルコンテンツの充実を急ぎ、日本での成功パターンの再現を狙う方針だ。

韓国版PIXTAはひとまず順調に立ちあがったが、次の課題は認知度の向上と市場の活性化だ。今後同社は主にWeb広告やSEOの強化に注力し、利用者数増加や認知度向上に取り組むとともに、投稿クリエイターの活性化に注力していくとみられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。