マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】トラストテック Research Memo(10):英MTrecの事業は順調に進捗し、想定どおりの収益を確保

2017年9月22日 15:40

■業績動向

4. 海外領域の動向
海外領域の2017年6月期の業績は売上高7,399百万円(前期比6,941.2%増)、営業損失45百万円(前期は13百万円の損失)、EBITDA304百万円(前期は13百万円の損失)と、大幅増収かつEBITDAの大幅黒字転換となった。

海外領域の大きな変化はMTrec買収によるものだ。同子会社は3月決算であり、トラスト・テック<2154>の2017年6月期決算には、2016年4月−2017年3月の12ヶ月分がフルに織り込まれている。

そのMTrecの業績は堅調で、日系企業を中心とした自動車業界等からの人材需要を取り込むことができた。MTrecの売上高は7,343百万円で為替レートの影響を除いたベース(現地通貨ベースと同義)で前期比15%増を記録した。

もう1つの海外展開地域であるアジアについては、従前からの香港に加えて、2016年9月にはインドネシアに人材紹介業を営む現地法人を設立した。2016年10月には中国山東省において日本式人材派遣業を営む合弁企業が事業を開始した(持分法適用会社であるため収益影響は経常利益以下)。これらアジアの収益貢献度はまだ小さい。

海外領域セグメントの営業利益とEBITDAの差は、MTrec買収に伴うのれんの償却費によるものだ。同社ののれんの償却期間は10年となっている。MTrecの実態はEBITDAが示すとおりで、営業利益率で5%程度の収益性を有するとみられる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコリラの分岐点? 24日の金融会合をトルコ人アナリストが解説
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。