マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】トラストテック Research Memo(8):組織再編が奏功して技術者の確保が順調に進捗し、大幅増収増益を達成

2017年9月22日 15:38

■業績動向

2. 技術系領域の動向
技術系領域の2017年6月期の業績は売上高26,717百万円(前期比22.5%増)、営業利益2,887百万円(同27.5%増)、EBITDA3,319百万円(同21.0%増)で着地した。トラスト・テック<2154>はここ数年企業買収を重ねており、のれんの償却負担が膨らんできている。したがって、同社の実態的な収益力を把握するためにはのれん償却前の収益水準を表すEBITDAが有効だろう。

2017年6月期のEBITDAマージンは前期比0.2ポイント低下して12.4%となった。この点について弊社では、高水準のレンジ内での動きであり、懸念する必要はないと考えている。単価は既存顧客での値上げこそ難しいものの、新規契約については既存契約より高い単価を実現できているもようだ。

中核の技術系領域の売上高が前期比22.5%増という大きく伸びた要因は、技術系社員をきっちりと確保できたことが大きい。同社は2017年6月期において、技術領域と地域の2つの軸で事業運営を最適化する組織へと再編を行った(詳細は成長戦略の項を参照)。その施策が奏功してキャリア採用(中途採用)が順調に進捗したほか、2017年4月の新卒採用も374名に達し、2017年6月期期末の技術社員数は1年前と比べて28.9%増の4,334名に達した。

売上高の業種別内訳では、主力の輸送用機器業界が前期比14.7%増の13,633百万円となったほか、2番目に構成比が高い電気機器も半導体・半導体製造装置の分野が活況で、同23.1%増の6,217百万円に達した。同社が成長分野と期待する情報・通信はフュージョンアイの貢献もあり同84.3%増の1,535百万円と急成長を示した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

<HN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。