マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】日本プロセス Research Memo(5):2018年5月期は年間40円の配当を実施見込み。本配当は前期比で5円増配

2017年9月22日 15:15

■資本政策・株主還元

日本プロセス<9651>は無借金経営で、かつキャッシュが潤沢にある状態である。将来的に、経営を取り巻く環境が厳しい状況になっても乗り切れるように、内部留保は潤沢にしているが、その一方で、株主還元にも前向きな姿勢を示している。

2017年5月期の配当は年間50円を実施した。このうち15円は創立50周年を迎えての記念配当であるため、本配当に関しては2016年5月期の35円を据え置いた格好となっている。2018年5月期については、年40円を予定しており、記念配当を除いた本配当の部分だけでの比較では5円増配となる見込みだ。

記念配当を含め、2017年5月期の配当性向が80.4%となったのに続き、2018年5月期も予想どおりとなれば、配当性向は70.3%となり上場企業の中では極めて高い水準と言えるだろう。会社側では、配当に関して安定的に実施する一方、配当性向は50%以上を目標として掲げており、現状の高い水準は一時的なものではない。

一方、株主還元を目的とし自社株買いを行っているが、これらは消却、あるいはM&Aの資金などに活用する意向である。M&Aについては、ビジネスシナジーがある企業や同社を補完する技術を保有する企業など、条件がマッチする企業があれば行う構えにありながら、今までは巡り合わなかったという。今後は、ビジネスの拡大という視点だけではなく、人的資源の拡充という意味においても、タイミングと条件が整えばM&Aを行う考えだ。

また、同社は株式マーケットにおける流動性の向上を課題としている。そのための施策として大株主の立会外分売なども考慮する意向だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野 文也)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコ人エコノミストが解説 トルコリラ安の原因と今後の動向
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ
投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。