マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】C&GSYS Research Memo(3):2017年12月期第2四半期は微増益だがほぼ想定内の着地

2017年9月22日 15:11

■業績動向

1. 2017年12月期第2四半期の業績概要
C&Gシステムズ<6633>の2017年12月期第2四半期の決算は、売上高が2,087百万円(前年同期比4.2%減)、営業利益が233百万円(同3.6%増)、経常利益が257百万円(同6.8%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益が143百万円(同4.7%増)となった。前年同期比では微増益となったが、計画に対しても上回っており、全体としてはほぼ想定内の結果であったと言える。

セグメント別売上高は、CAD/CAMシステム等事業が1,803百万円(前年同期比2.9%増)であったが、仕向地別売上高は国内が1,581百万円(同5.2%増)、海外221百万円(同11.0%減)となった。国内市場においては、製造業における一時期の設備投資熱はやや高原状態になりつつあるようだが、「EXCESS HYBRID II」のリニューアル版の販売が好調に推移したほか、政府補助金関連やOEM関連の売上増も寄与したことから、全体的には国内需要は堅調に推移した。海外市場の動向では、減収の大部分は中国の落ち込みによるものだが、これは販売方法をそれまでの直接販売から代理店経由に移行したことで仕切価格での販売となったことによる。しかし一方で拠点コストも減少していることから、中国向けの利益率は向上している。東南アジア市場では、インドネシアやベトナムなどで需要は堅調に推移した。タイは減収になったものの経費節減効果もあり利益は確保した。一方で、韓国は大手自動車メーカー等を中心に需要が低迷し減収となった。北米向けは金額も小さく影響は軽微だった。

また金型製造事業の売上高は283百万円(同33.6%減)と大幅減収となったが、これは前年同期が異常に高かったためであり、ほぼ想定内の水準であった。

セグメント別の営業利益は、主力のCAD/CAMシステム等事業が204百万円(同17.5%増)、金型製造事業は売上高が減少したことから営業利益は29百万円(同43.1%減)となった。いずれもほぼ計画どおりの結果であった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

<MW>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。