マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】国会議員スパイ疑惑 NZ首相、帰化申請見直しを言及

2017年9月25日 16:34

 ニュージーランドのビル・イングリッシュ首相(国民党党首)は15日、スパイ疑惑を報じられた現職国会議員で中国出身の楊健氏(国民党選出、55)について、楊議員が2004年に提出したニュージーランド国籍帰化申請内容を見直すと明らかにした。地元紙・ニュージーランド・ヘラルドが報道した。

 英紙・フィナンシャルタイムズとニュージーランドメディア「ニュースルーム」は14日の報道で、楊氏は帰化申請の書類や選挙プロフィールで、人民解放軍の軍事教育機関での経歴を意図的に隠ぺいしたと指摘した。

 ニュージーランド・ヘラルド紙は、帰化の際に偽りの申請内容を提出したことは重大な違法行為で、政治問題でもあるとの見方を示し、今後楊議員が国内法の下で処罰される可能性に言及した。

 ニュージーランドメディアによると、楊氏が2011年11月に国会議員に初当選し、12年2月16日に国会で初めてスピーチを行った。その際、楊議員は自身の経歴について、中国国内での出身校や職歴などを述べることがなかったという。

 またスピーチの中で、楊氏が1989年に中国当局が民主化を求める学生らを武力鎮圧し、多くの死傷者を出した「六四天安門事件」について、「学生によるデモ」と表現したという。楊氏は「天安門事件」後、米国への留学を断念し、94年にオーストラリアに渡ったと説明した。 

 一方、楊議員は疑惑について、人民解放軍との関係を否定した。また、留学申請時、軍と無関係の学校名を使用したが、それは当局の規定に基づいた行為だとした。

 駐オーストラリア・シドニー中国領事館の陳用林元一等書記は、「現役軍人だけではなく、軍事教育機関で長年教職を務めてきた人も、中国当局の指示がなければ、勝手に出国できない」「スパイ養成の軍事学校の教師なら、ある程度の軍事秘密を知っている。秘密漏えい防止の観点から、当局は個人的な理由による海外渡航を認めるはずがない」と分析した。

 陳用林氏は、楊氏は中国当局に派遣された可能性が高いとの見解を示した。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。