マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】移植法改訂に機運 国内外の医師が多数署名

2017年9月25日 16:34

 9月16日から京都で第23回世界神経学会議が5日間に渡って開催された。台湾に本部を置く医学団体「国際臓器移植関懐協会(TAICOT)」と国内の「移植ツーリズムを考える会」は共同でブースを設置。中国では、移植臓器は「良心の囚人」から強制摘出されているとの疑いがあること等を伝えると、多くの医師がこの非人道的行為に反対する意思を示すために、署名した。

 今回の世界神経学会議は第58回日本神経学会学術大会との合同開催で、3人のノーベル賞受賞者を含む多くの権威的な神経医学専門家が参加した。

 「移植ツーリズムを考える会」は日本での法整備が急務と考え、国会や地方議会議員に対して、日本の臓器移植法の改訂を呼びかけている。国際臓器移植関懐協会は、2016年ノーベル平和賞候補にもなっている国際医師団体DAFOH(臓器強制摘出に反対する医師の会)が行う国連宛ての署名活動に参加し、世界各国の医師や医療関係者への賛同をよびかけている。

おすすめ:日本の有識者、中国「臓器狩り」に憂慮 法整備へ向け検討会

 国際臓器移植関懐協会の呉育麟氏は、「今日に至るまで、臓器狩りはいまだ中国で続いています。民間の医学団体として、より多くの人々にこの残虐な行為が今も行われていることを知らせることは、私たちの責任だと思います」と話した。

高まる人権意識 医師から賛同の声多数

 イギリス神経医学の権威であるデーヴィッド・オリバー教授は国連宛ての署名に参加し、中国で臓器狩りが行われていることを前から知っていることを告げた。そして、「臓器狩りが継続する限り中国へは絶対行かない」と強い態度で意思を表明した。

 フランスから来た医学研究者は、「私はフランスから来ました。中国で臓器の強制摘出が起こっていると聞いて驚きを隠せません。非常におぞましいことです。医学に携わる人はみな中国で起こっていることを知るべきです。私にこのことを教えてくれてありがとう」と話し、快く署名に応じた。

 日本の権威的医師は臓器狩りの事実を知り、国連に対し署名をするだけでなく、日本国内の法改正も必要だと感じ国会向けの署名をした。さらに、臓器狩りや移植ツーリズムの実態を地方議会議員に伝え、問題意識を高めたいと話した。

 大会で臓器狩りについて初めて知ったコロンビアの医師は、「私はこのような犯罪行為を非常に憂慮しています」と心情を吐露した。また、署名に参加したアメリカの医師はこのことを自国にも伝え、より多くの人に知らせたいと話した。

(文・文亮)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。