マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】注目銘柄ダイジェスト(前場):日本郵政、NTT、東芝など

2017年9月26日 11:36

東芝<6502>:305円(-+円)
買い先行。UBS証券では投資判断を「セル」から「バイ」に、一気に2段階格上げしている。目標株価も170円から450円に引き上げ。自力で上場廃止を回避できる段階にまで到達したことを評価している。今後、特注指定が解除され、上場廃止を回避し、ウェスチングハウスが売却され、訴訟を解決、メモリ売却で財務が改善するなどのカタリストが支援し、株価は踏みあがるとみているようだ。

日本郵政<6178>:1348円(-1円)
もみ合い。前日には財務省の2次売却に伴う売出価格が1322円に決定している。前日の終値から2%ディスカウントされた水準に設定された。また、東証ではこれまでTOPIX算入を例外的に10月31日にすると発表していたが、これを撤回して9月29日にするとしている。短期的な需給期待にはつながるものの、MSCI、日経平均リバランスも重なる28-29日を通過した後は需給改善要因が一巡することで、売出株の需給懸念は拭えない状況とも。

NTT<9432>:5242円(+102円)
大幅続伸。前日に上限1500億円・3000万株の自社株買いの実施を発表している。取得期間は9月26日から2018年3月31日までとしている。想定線ともいえるが、株価が調整してきたタイミングでもあり、ストレートにポジティブな反応となっている。SMBC日興証券では、自社株買いによって配当を支払う株数が減少した場合は配当金を引き上げる傾向があるとしているほか、年度中に自社株買いの追加を発表する可能性もあると指摘。

ラウンドワン<4680>:1416円(+124円)
大幅続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断「オーバーウェイト」を継続、目標株価を1310円から2370円にまで引き上げている。18.3期から20.3期の営業利益予想を上方修正、21.3期以降は国内顧客層の広がりと海外出店の加速で最高営業利益更新が続くと想定しているもよう。今期営業利益は88億円から94億円、前期比41%増に上方修正、会社計画71.7億円、市場予想81.6億円を大きく上回るとみている。

北陸電力<9505>:975円(-51円)
大幅反落。前日に上半期の業績予想及び中間期配当予想を公表している。上半期経常利益は20億円で前年同期比約7割減益、石炭火力の定検の影響などが響いたもよう。大幅減益を受けて中間配当予想は無配に転落する(前年同期は25円配当)。市場予想も下回る内容とみられ、ネガティブなインパクトが先行している。なお、通期予想は利益及び配当ともに未定が継続。

BBT<2464>:434円(+36円)
大幅続伸。安倍首相は消費増税の使途を広げ、幼児教育の無償化など「人づくり革命」に充てる意向を示している。こうしたなか、教育関連の一角として同社に関心が向かう状況にもなっているようだ。同社は、「世界で活躍できるグローバルリーダーの育成」に向け、1歳から幼児園-大学院、ビジネスパーソンに至るまで一気通貫で教育プログラムを提供できる「生涯教育プラットフォーム」の形成に取り組んでいる。

フロイント<6312>:1638円(+57円)
一時、前日比102円高の1683円まで急伸。18年2月期の上期業績予想の上方修正を発表。営業利益は6.00億円から10.60億円へと大幅に引き上げている。下期に予定していた機械部門における高利益率案件の売上が上期に前倒し計上となったことが背景のようだ。一部市場予想(4億円程度)を大幅に上回る修正がポジティブ視される格好になっている。

アイビー<4918>: - 円( - 円)
ストップ安売り気配。18年3月期の上期及び通期業績予想を下方修正。上期営業利益は30億円(全てレンジ下限)から5億に、通期では50億円から20億円へと大幅に引き下げている。下期は新製品の寄与などで計画通りの推移を見込む。しかし、売上高が集中する9月の浸透美活液「レッドパワーセラム」注文状況が予想を大きく下回るもようで、上期下振れ分をカバーすることが難しいようだ。

ケアサービス<2425>:2260円(+140円)
大幅反発。18年3月期の上期予想の上方修正を発表。営業利益は0.53億円から0.65億円に引き上げている。北京子会社の立ち上げに先行して発生した費用が期初計画比で減少したようだ。また、中国・上海の子会社が上海に15ある国営葬儀場のうち、3拠点目でエンゼルケアサービスを開始したことも発表している。従前より同社の中国展開に対して市場の関心は非常に高く、本日は関心が再燃する展開となっている。

サイバーダイン<7779>:1430円(+23円)
続伸。調整トレンドが継続しているが、1400円処での底堅さが意識されるなか、続伸で上値抵抗の25日線を突破してきている。10月2日より、HAL腰タイプ自立支援用を販売開始すると発表。これまでの作業支援用、介助者向け介護支援用と合わせて、要介護者の身体機能向上を促すアイテムが加わったという意味で、ポジティブ視されている。

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。