マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 外国株】26日の香港市場概況:ハンセン0.1%高と4日ぶり反発、エネルギー株が高い

2017年9月26日 18:00

26日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数は前日比12.67ポイント(0.05%)高の27513.01ポイントと4日ぶり、本土企業株で構成されるH株指数は55.93ポイント(0.51%)高の10968.39ポイントと3日ぶりにそれぞれ反発した。売買代金は970億8500万香港ドルにやや縮小している(25日の売買代金は1109億7300万香港ドル)。

商品市況高が追い風。昨夜の原油相場が大幅続伸し、一時は約5カ月ぶりの高値水準に達したことが買い安心感を誘った。ハンセン指数は前日まで3日続落し、約1カ月ぶりの安値を切り下げていただけに、自律反発狙いの買いも入ったとみられる。ただ、上げ幅は限定的。北朝鮮リスクの高まりや米株市場の下げなどを嫌気し、指数はマイナス圏で推移する場面があった。

エネルギー関連セクターが相場けん引。石油大手3社の中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が4.0%高、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が3.5%高、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が1.7%高、石炭最大手の中国神華能源(1088/HK)が2.4%高、天然ガス事業の昆侖能源(クンルン・エナジー:135/HK)が2.4%高と値を上げた。

半導体セクターもしっかり。ICファウンドリー中堅の華虹半導体(ファホンセミコンダクター:1347/HK)が2.0%、ICファウンドリー中国最大手の中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)とICパッケージング・テスティング機器最大手のASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)がそろって1.1%ずつ上昇した。

半面、他の個別株動向では、インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が1.2%安とさえない。同社が運営する「微信(ウィーチャット)」に関し、当局が「サイバーセキュリティ法」違反の罰金を科したことなどが売り材料視された。5年に1度の共産党大会を来月(10月18日開幕)に控え、中国当局はSNSなどの「ネット世論」に対する監視を強めている。

一方、本土市場は4日ぶり反発。主要指標の上海総合指数は、前日比0.06%高の3343.58ポイントで取引を終えた。非鉄や鉄鋼の素材株、石油株が高い。前日に急落した不動産株も一角が買い戻されている。軍需関連株や食品株も堅調に推移した。

【亜州IR】

<CS>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。