マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【コラム【EMW】】【中国の視点】みずほなど、新仮想通貨「Jコイン」で中国の「アリペイ」などに対抗か

2017年9月27日 9:41

日本のメディアによると、みずほフィナンシャルグループやゆうちょ銀行を中心とした銀行団は2020年東京オリンピック開催前、新しい仮想通貨「Jコイン」を打ち出す計画だという。Jコインを扱う会社は「Jコイン会社」として設立される予定だ。

Jコインは円と等価交換できる仮想通貨で、預金口座とリンクして個人間や企業同士の間でお金のやり取りや決済できるサービスだ。これは中国のアリババ集団が手掛けている「アリペイ」や米アップルの「アップルペイ」などモバイル決済サービスに対抗する狙いがあるとみられている。

中国の専門家は、アリペイが東京など大都会で導入されており、日本政府や監査機関などはそれを脅威だと捉えていると指摘。日本側はアリペイの利用で日本の消費者のデータが中国に転送されるとの危機感を抱えていることが背景にある。

なお、取引額ベースで計算すると、日本の70%は現金で取引されている。この比率は先進国平均(約30%)を大幅に上回っている。Jコインの導入が現金取引コストと決済費用を節約させることができるため、国内総生産(GDP)を100億円増加させるとも試算されている。

中国人民銀行(中央銀行)などのデータによると、2015年の中国の電子決済支払い件数は全世界に占める割合は22.12%となり、増加ペースは全世界平均の4倍以上になるという。

<AN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。