マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】投機筋主導のドル売り円買い圧力は概ね一巡した可能性、SMBC日興証券(花田浩菜)

2017年9月27日 13:08

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

投機筋がドル円の値動きに大きな影響を与えているのは以前にもお伝えしましたね。9/27付けの「主要通貨デイリー」では、投機筋のドル円ポジションについて考察されていますのでご紹介します。

同レポートではまず、『CFTC(米商品先物取引委員会)によると、投機筋は9月19日時点でドル買い円売りポジションを一段と削減したことが明らかとなった(ネットベース)。ドル買いポジションの削減は直近9週中8週目』であると伝えています。

続けて、『ドル円は7月11日に114.49円の戻り高値を付けて以降、トランプ米政権の政策運営に対する懸念や北朝鮮を巡る地政学リスクの高まりなどを材料にドル安円高基調で推移。9月8日には107.32円と昨年11月14日以来の安値を付けたが、投機筋のドル買い残高も7月半ばをピークに減少(=ドル売り円買い)に転換しており、9月上旬にかけてのドル安局面で投機筋のドル売り円買いが一定の影響を及ぼした様子が窺える』とドル円の推移と投機筋のポジションを比較し、分析しています。

最後に、足元のドル買い円売り残高が5.1万枚に減少したことに着目し、『米国景気の好調推移や日米の金融政策の違い等から先行きドル高円安が見込まれる中、投機筋がドル買いポジションを完全に解消する必要性は乏しいとすると、投機筋のドル買い残高の圧縮は5万枚前後で一巡する傾向が過去の推移から確認される。投機筋のドル買いポジションの整理は概ね一巡した可能性があり、このことは、投機筋が主導するドル売り円買い圧力の一巡を示唆しているといえよう』とまとめています。

詳しくは9/27付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。