マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ハウスドゥ Research Memo(8):優先株式発行による資金調達を計画

2017年9月27日 15:32

■今後の見通し

(2) 優先株式発行の計画
ハウスドゥ<3457>が資金調達手段の選択に当たって重視していることは、自己資本増強による財務基盤の安定と資金調達枠の拡大、既存株主価値の希薄化の抑制と事業独立性の確保、ハウス・リースバック事業等への投資拡大と不動産金融事業への資本増強である。資金調達額として30億円を想定していることから、普通株の時価公募増資は希薄化が大きくなってしまう。今回は、第三者割当増資による優先株式発行を選択した。転換価格は1,681.5円であるが、普通株に転換されず、保有され続ける可能性が高い。途中解約が可能なため、ファンドの組成が実現できれば、繰上償還をする意向でいる。

2013年10月の開始以来、ハウス・リースバック事業のビジネスモデルの有用性と安定収入と持続的成長性が確認されたことから、金融機関の融資姿勢は好転した。また、2017年6月に、(株)東京スター銀行がアレンジャー兼エージェントを務めて、100%子会社のフィナンシャルドゥに対して、同行及び5金融機関による総額9億5,000万円のシンジケートローンが組成された。2016年7月より始めた不動産金融事業の運営が1年間経過し、業績面での実績ができたためである。同子会社の資金調達の目的が、値上がりを期待した不動産投資ではなく、市場価格の7掛けを担保価値として融資するストック型収益事業であることの理解が進んだ。

3. 人工知能(AI)を活用した査定アプリ
スマートフォンのアプリ「Do! BANK」は、同社チェーンが扱う不動産取引情報や成約事例情報と人工知能(AI)を活用することにより、わずか10秒で不動産価格を自動査定するサービスを無料で提供している。入力する項目を、住所、面積、築年数等に限定することで、家・不動産の査定概算金額をレンジで示す、カジュアルな利用を目的とする。概算を知ることが、ハウス・リースバックや不動産金融の利用の入口となる。加盟店向けアプリとして「10秒でDo!」を用意している。同社のフランチャイズ本部としての価値がより高まるサービスとなる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。