マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】ダイキアクシス Research Memo(1):水に関わるインフラを創造して、海外事業が急拡大へ

2017年9月27日 15:11

■要約

ダイキアクシス<4245>は、半世紀に及ぶ水処理関連の業歴を持つ。水インフラビジネスのサプライチェーンでは、部材・部品・機器製造と装置設計・組立・施工(・運転)及び事業運営・保守・管理(水売り)に分かれる。世界的水メジャーはすべての工程を網羅しているが、大規模施設を対象とする。一方、日系企業はプレーヤーは多いものの、各領域に特化している。同社は中小規模をターゲットに生活排水処理、事業場排水処理、公共水域浄化におけるサプライチェーンに必要な事業領域をすべてカバーする一貫体制に独自性がある。

アジア開発銀行(ADB)は、2016~2030年までの15年間におけるアジアのインフラ需要を総額3,000兆円(年1兆7千億ドル)に上ると推定する。世界経済フォーラムは、2016年版の報告書で「最も影響が大きいと思われるグローバルリスク」の3番目に「水危機」を挙げている。アジア13ヶ国で構成する「アジア水環境パートナーシップ(WEPA)」は、水質汚濁防止を進めている。日本の技術・製品力及び施設運営・保守のノウハウなどが評価される時代が到来した。環境省が、今年7月に「環境インフラ海外展開基本戦略」を発表したことも追い風だ。

1. 環境機器関連事業の海外売上高は、今期2.2倍と急成長へ
環境機器関連事業の海外売上高は、2017年12月期に前期比2.2倍の1,711百万円が見込まれる。中期経営計画の最終年度目標(1,200百万円、3期間で倍増)を1年前倒しで達成することになる。今期は、中国の大型案件が大幅増収に寄与する。ASEAN及び他の地域でも、事業拡大の手を打っている。生産拠点であるインドネシアでは、第2の都市となるスラバヤに支店を開設した。ミャンマー、ベトナム、インド、ケニアにおいてローカルパートナーを選定し、テストマーケティングを行い、受注を獲得している。インドネシアの新設工場は、フル稼働に入った。地域特性、関税、輸送費などを考慮して、新たな生産拠点づくりを検討する。

2. 国内では収益性が高いストックビジネスの上水事業を拡大へ
日本では、ストックビジネスの上水事業を拡大していく。年間15件の獲得を目標としており、今第2四半期末はエスコ事業の累計契約数は、前期末比7件増の77件であった。これまで、コストメリットを享受できるのは、日量100トン以上の大口ユーザーに限定されがちであった。30~100トンの上水プラントのユニット化に成功しており、ユーザー層のすそ野が広がる。装置のユニット化が進むと工場化率が上がり、1件当たり投資額の減少、設計・製造業務の合理化、設置の工期短縮が実現される。年間獲得件数の上限が、引き上げられることになるだろう。

3. 今期は株式分割と増配、来期は連続増配の予定
2014年に続き、2017年6月末に1株を2株の株式分割を行った。これにより、今期の1株当たり配当金は、中間配当金が20円、期末が10円となる。修正後の年間配当金20円は、同前期比5円(修正前10円)の増配となる。予想配当性向は28%になる。来期の配当性向を30%以上としていることから、連続増配となる見込みだ。

■Key Points
・海外売上高の倍増目標は1年前倒しで達成へ
・国内はストック型ビジネスの上水事業を強化
・今期は株式分割と増配、来期は連続増配の予定

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

<HN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。