マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】中国のエタノール利用拡大でトウモロコシ相場は上昇?~eワラントジャーナル(馬渕磨理子)

2017年9月27日 19:03

こんにちは、フィスコマーケットレポーター馬渕磨理子の「eワラントジャーナルの気になるレポート」です。

eワラントジャーナルのコラムで「トウモロコシも相場」について興味深い記事を見つけましたのでご紹介いたします。

今月、中国政府は「自動車の燃料として2020年までにエタノールをガソリンに混ぜた燃料を全国展開する」と発表しました。穀物から作られるエタノールはガソリンに混ぜることで排気ガスに含まれる汚染物質を削減できるため、大気汚染対策の一つと考えられていますが、エタノールの主要原料である「トウモロコシ相場の支援材料」になるかもしれません。

同コラムによると、『中国では深刻な大気汚染により国民の不満が高まっていると考えられ、共産党政権の安定化のためにも大気汚染対策』が急がれているようです。そこで『中国当局がまず注目したのが電気自動車(EV)です。EVは排気ガスを排出しないため直接的な大気汚染対策になるだけでなく、トヨタが推進している燃料電池車と比べて中国企業にとって技術的に参入しやすいという点が挙げられます。EV車の普及を国策として掲げ、国内企業に参入の機会を与え、自国産業の振興を兼ねています』とコラムでは分析しています。

しかし、EV車の普及には時間がかかることから、短期的に効果が出る大気汚染対策として、『エタノールをガソリンに混ぜて使う』という案が出てきたようです。

さらに、『中国で生産されるエタノールの主要な原料はトウモロコシであることから、過去に行ったトウモロコシの備蓄政策によって積みあがった備蓄トウモロコシの放出策にもなります』と、エタノールの利用案は大気汚染対策だけではないと見ています。

そこで恩恵のある『トウモロコシ(コーン)相場を投資対象』と考えてみるのが良いでしょう。選択肢として『eワラント、商品先物、CFD』が考えられます。その中でも、『証拠金取引ではないeワラント』だと、『1万円以下の小額から』取り組めます。同コラムではトウモロコシ(コーン)相場における、eワラント戦略について詳しく述べています。

なお、上記の記事の詳細は、eワラント証券が運営している「eワラントジャーナル」の9月25日付のコラム「中国のエタノール利用拡大でトウモロコシ相場は上昇?」にまとめられています。

馬渕磨理子の「気になるレポート」は各種レポートを馬渕磨理子の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合がありますので、ご留意くださいませ。

フィスコマーケットレポーター 馬渕磨理子

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。