マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】米大統領と議会共和党が新たな税制改革案を公表、SMBC日興証券(花田浩菜)

2017年9月28日 12:22

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

トランプ大統領の公約の1つであった法人税の引き下げですが、新たに税制改革案が示されました。9/28付けの「主要通貨デイリー」では、米大統領と議会共和党が公表した新たな税制改革案について考察していますのでご紹介します。

同レポートではまず、『トランプ米大統領と議会共和党の新たな税制改革案が27日に公表された。連邦法人税については現行の税率35%から20%への引き下げを提示。実現した際には、地方税を加味しても日本や独仏等を下回ることになり、米企業の競争力の高まりが見込まれる。また、米企業が海外に留保している資金を米国内に還流する際の税優遇措置も、税率は未定ながらも1回限りの時限措置として実施の意向が示されている』と伝えています。

続けて、『一方、個人所得税について7段階に分かれている現行の税率区分を3段階に簡素化。最高税率を39.6%から35%へ引き下げる案が示された他、小規模事業者の所得税率を現行の39.6%から最大で25%に引き下げる案も提示。これらが実現した場合、減税規模は2001年の「ブッシュ減税」を上回る見通しであり、米国経済への押し上げ効果が期待される。トランプ政権は年内の税制改革実現を目指している』と紹介しています。

一方で減税実施の際の財源の詳細が不明であることや、議会での審議が難航が予想されることを懸念材料として挙げており、改革実現が困難であるとの見方が強まればドル失望売りの場面も想定されると見ています。ただ、トランプ大統領の政策を進める姿勢に変化の兆しが伺えることから、『今後、減税規模縮小などの調整を経ながら減税策は実現する公算が大きい』と分析しています

詳しくは9/28付けの「主要通貨デイリー」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。