マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】丸運 Research Memo(1):「丸運グループ長期経営ビジョン」を策定、毎年2%以上の成長を続ける

2017年9月28日 15:21

■要約

丸運<9067>は、JXTGホールディングス<5020>グループに所属する運送会社である。事業所は71ヶ所、保有車両台数は1,867台、関連会社は19社を数える。

全国津々浦々に運送、保管などの拠点をネットワークとして張り巡らせているが、国内のみならず国際貨物事業として海外にも拠点を有している。丸運国際貨運代理(上海)有限公司 、丸運安科迅物流(常州)有限公司、丸運物流(天津)有限公司と中国に3つの拠点と、2017年8月に有限会社丸運物流ベトナムを現地法人化した。 セグメント別で見ると、JXTG系であることから、石油輸送が25.9%、潤滑油・化成品が10.2%と石油に関係するビジネスの構成比が高いのが特徴だが、最も大きいのは貨物輸送で49.9%。そのほか、国際貨物が12.5%、流通貨物が1.4%で、5つのセグメントで構成されている。石油関連の輸送の取扱いが多いことから、石油業界の再編による影響を受ける一方、運送業界においてもドライバー不足や運賃値上げ機運が台頭するなど問題が浮上しており、それらにいかに対応していくかが当面の課題だ。

2018年3月期第1四半期決算は、営業収益が前年同期比6.7%増の11,831百万円、営業利益は同83.8%増の182百万円となった。流通貨物、国際輸送などのセグメントが好調に推移したことが背景にある。2018年3月期の通期予想は、営業収益が前年同期比1.9%増の48,000百万円、営業利益が同17.9%増の1,038百万円と増収増益を確保する見通し。配当金は年8円を継続する予定だ。

中長期的な目標としては、中期経営計画を進めているほか、向こう10年についての長期的なあり方を示す 「丸運グループ長期経営ビジョン」を策定した。そこでは、今後10年間に毎年2%以上の成長を続けることを目標に掲げている。

■Key Points
・創業125年を迎える老舗物流企業
・2017年3月期第1四半期はすべての部門で増収
・「丸運グループ長期経営ビジョン」と「丸運イノベーション」を策定

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水野 文也)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

投資のプロは「今こそ仕込みの好機」 日本の景気上昇確率は95.9%か
トルコリラの分岐点? 24日の金融会合をトルコ人アナリストが解説
30代会社員 取引を任せる自動売買FXで3か月に約20万円を稼ぐ

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。