マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】トヨタ、米5工場に420億円投資、HV部品を現地生産へ

2017年9月29日 16:15

 トヨタ自動車の北米部門は26日、米国の5工場でハイブリッド車部品現地生産の投資計画を発表した。総投資額は3億7380万ドル(約420億円)。ケンタッキー、ウェストバージニア、アラバマ、ウエスト、テネシーなど米南部5州にある工場の生産設備の導入と拡充に投じられる。

 同社の投資計画では、スポーツ用多目的車(SUV)ブランド「ハイランド」のハイブリット車に配備する主要部品を今後、米国現地生産で賄われる。これまでは、主要部品は日本から輸入していた。

 米メディアによると、トヨタ北米生産部門の上級副所長のジェフ・モア氏は今回の投資について、「トヨタのコア技術であるハイブリッド車用パワートレイン生産の現地化を進めるための取り込みだ」と述べた。5工場では、2020年からハイブリッド車主要部品の生産が開始するという。

 ドナルド・トランプ米大統領が就任前から、米国内製造業の成長や雇用拡大を公約し、就任後減税や規制緩和を行ってきた。

 トヨタの豊田章男社長は1月に、将来5年間米国での工場拡充に100億ドル(約1兆1200億円)を投資すると発表した。そのうちの16億ドル(約1792億円)を最終組み立て工場の拡大に充てられるという。トランプ大統領の意向に応えるための投資計画だとみられる。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。