マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】金正男氏の暗殺 北朝鮮は5年前から計画=韓国専門家

2017年9月29日 16:09

 1981年ごろ、平壌で撮影された金正日一家5人の写真がある。長男・金正男氏は子供のころ、執務室の席に座る父親から「大人になったら、ここに君は座り、命令を出すんだ」と言い聞かされた。2500万人の独裁政権国のトップに立つのは、兄弟で最年少の金正恩氏になるとは、2人とも当時は頭の片隅にもなかっただろう。

 一国の指導者の長男であった彼の姿は、2017年2月、マレーシアのクアラルンプール国際空港の監視カメラに収められていた。群衆のなかに紛れる太った45歳の男性。禿げ上がった頭を帽子で隠していた。突如、若い2人の女性が、背後から正男氏を襲った。

 マレーシアのクアラルンプール国際空港で2月、正男氏は殺害された。実行犯2人が使った凶器は国連が大量破壊兵器に指定するVXガス。一日数万人が利用する同国最大の国際空港で、白昼堂々行われた暗殺劇だった。正男氏は病院に搬送されたが、間もなく死亡した。他、在外公館の北朝鮮籍の男性8人が事件への関与を疑われたが、証拠不十分などで起訴されず、全員が北朝鮮に帰国したとされる。

 米ニューヨーク・タイムズ紙2月15日の報道によると、北朝鮮当局による正男氏の暗殺未遂は2010年、2012年にも起きている。正男氏は2012年、国の指導者について間もない正恩氏に手紙で「私と家族を罰する命令を撤回してほしい。私たちに隠れるところはなく、唯一の逃げ道は自殺」と、暗殺の恐れを知り、計画の変更を懇願していた。

 少なくとも5年前から計画されていた暗殺計画が今年2月、クアラルンプールで実行された。韓国の高麗大学教授で国家安全保障戦略研究所の前所長ナム・ソンウク氏によると、正男氏は身の危険を自覚していた。マレーシア滞在中に正男氏は「北朝鮮の諜報機関に密かに追われている」と、韓国の諜報機関に連絡していたという。

 「正恩氏は長期に渡って権力者の席に座り、世界の大国と対等に交渉したいと考えている」と、ソンウク氏は最近、米紙GQの取材に答えた。「その唯一の手段は、武力による威嚇と恐怖を保つこと。これ(異母兄の暗殺)は彼が描く壮大な計画の一環に過ぎない」と述べた。

 空港監視カメラに映る正男氏は、暗殺当日、身なりの良い白いスーツ上下で、マレーシアから定住先のマカオへ戻る準備をしていた。朝日新聞6月の報道によると、遺留品の手持ちカバンには現金12万ドル(約1300万円)が入っていた。マレーシア捜査当局はこの多額の現金について、直前に米国諜報機関と繋がる米国籍男性と面会しており、北朝鮮に関する内部情報を受け渡した報酬だと推測している。

 中国当局は、マカオにいた正男氏を保護していたと考えられている。韓国情報機関は、中国共産党高層指導部の子弟からなる「太子党」と深い交友関係を持つ金正男氏に関して、中国当局は金正恩政権が崩壊する場合、金正男氏を新たな指導者に擁立する狙いがあったと分析する。

 しかし、正男氏は、中国当局に守られることなく殺害されてしまう。これについて、中国側は北朝鮮をすでに「見限った」との見方がある。中国清華大学現代国際関係研究院の閻学通・院長は2016年2月、ニューヨークタイムズの取材に対して、「習近平政権はもう北朝鮮を盟友として見なしていない」と述べている。

(翻訳編集・佐渡道世)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。