マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】テックファム Research Memo(5):新株予約権の行使に伴い約17億円を調達、財務体質の改善が進む

2017年10月4日 16:05

■テックファームホールディングス<3625>の業績動向

3. 財務状況と経営指標
2017年6月期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比1,268百万円増加の5,149百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現預金が975百万円、受取手形及び売掛金が194百万円増加した。また、固定資産ではのれんが98百万円減少し、投資その他の資産が136百万円増加した。

負債合計は前期末比512百万円減少の1,252百万円となった。未払法人税等が65百万円増加したものの、未払金が276百万円減少したほか、有利子負債が233百万円減少したことによる。また、純資産は前期末比1,780百万円増加の3,897百万円となった。新株予約権の行使に伴い、資本金及び資本剰余金がそれぞれ869百万円増加したことが主因となっている。

経営指標を見ると、新株予約権の行使に伴い約17億円の資金調達を実施したことにより、財務状況が大きく改善している。安全性を示す自己資本比率は前期の53.2%から74.2%へ上昇し、有利子負債比率は逆に31.0%から10.7%に低下した。一方、収益性に関しては前述したように、ソフトウエア受託開発事業、自動車アフターマーケット事業とも収益性が向上し、売上高営業利益率で前期の0.6%から3.5%に上昇した。また、ROEについてはまだ親会社株主に帰属する当期純利益が小さいため0.9%と低水準にとどまっているが、業績拡大に向けた道筋が見えてきており、今後は上昇に向かうものと予想される。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

<HN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス
【無料】全国1,600社以上・最大10社に一括査定できる不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。