マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】米国雇用統計:8月の振り返りと9月のポイント「12月利上げの是非に関わる雇用統計」住信SBIネット銀行(三井智映子)

2017年10月5日 18:17

こんにちは。フィスコマーケットレポーター三井智映子の「住信SBIネット銀行の気になるレポート」です。

9月のISM製造業景気指数は60.8と、前月の58.8から上昇し、約13年ぶりの高水準を記録しました。これによりフェデラルファンド(FF)金利先物は12月のFOMCで利上げが決定される確率が78%の高水準になったと一部で報道されています。12月利上げが市場で折り込まれつつある中、今月の雇用統計はいったいどのような内容になるのでしょうか。

住信SBIネット銀行の「米国雇用統計」レポートでは、以下のように今回の発表内容を予想しています。

まず前回8月の米雇用統計のおさらいをしましょう。8月の米雇用統計は非農業部門雇用者数が18.0万人増加予想でしたが、15.6万人増と予想を下振れました。併せて6月と7月の雇用統計結果も下方修正されています。レポートでは、『前回の雇用統計は予想を下回る結果でしたが、9月FOMCでは、バランスシートの縮小開始が発表され、年内あと1回の利上げを行う可能性が再び高まりました』と伝えています。『8月の雇用統計が弱かった理由としては、季節要因から8月の統計は減少しやすいとの見方によるものです。しかし、労働市場は依然良好だと判断されているようです』との見解を示しています。

では、9月の雇用統計のポイントはどうでしょうか。9月の非農業部門雇用者数は前月から減少の8.5万人増が予想されていますね。レポートでは、『9月雇用統計では、市場予想から大きくかい離しない限りFRBの利上げペースの変更には影響しないと思われます。』と伝えています。

その上で、『米国を襲ったハリケーンの影響には注意が必要です。また、時間給賃金の動向が米国労働市場の注目点であることには変わりがないため、今月も要注意です』と分析しています。注視してまいりましょう。

米雇用統計の前哨戦であるADP雇用統計は10月4日に発表されています。こちらもチェックして雇用統計に臨みたいですね。私もブログやfacebookでフォローしたいと思います。

上記の詳細コメントは、住信SBIネット銀行サイト内の「米国雇用統計」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコマーケットレポーター 三井智映子

<DM>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。