マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【コラム【EMW】】【中国の視点】過剰流動性が生んだ住宅バブル、中国経済を危険にさらす

2017年10月12日 15:05

国際通貨基金(IMF)は8月15日に発表した中国経済の年次報告の中で、中国政府が進めている債務の圧縮について、大きな前進を見込めないとの見方を示した。国内総生産(GDP)に対する金融部門以外の負債残高の比率について、2016年の235%から2022年の290%まで上昇すると予測した。

IMFは、世界経済の過去の経験則からみると、中国のマネーサプライの軌跡が危険であると警告。これが経済バランスを破壊するほか、成長減速のリスクを高めるとの見方を示した。

中国の専門家は、中国経済が企業債務問題のほか、不動産価格の急騰など危険の要素も抱えていると指摘した。広東省深セン市の標準のファミリータイプ住宅価格は約80万米ドル(約8960万円)となり、年収の70倍に相当し、世界の中で2位の高さになっていると強調した。過剰流動性が住宅バブルを引き起こした主因だと分析。こうした資金は実体経済に流れず、住宅や金融市場などに流入しているためだ。

専門家は、バブルがいつか崩壊すると警告。中国政府は現在こうした問題の解決に向けてさまざまな対策を講じていると指摘した。

ただ、住宅高騰などを含めて当局の対応がやや遅れているとの見方も浮上している。
中国政府は慎重に対処しなければ、中国経済がハードランディング(硬着陸)に陥る可能性があると警告された。

<AN>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

カードローンQ&A

お得に賢く! クレジットカード・ポイント活用術特集

ポイント還元率で比較する注目のクレジットカード4選

銀行をお得に活用するワザ

誰でも持てる審査不要のVisaデビット「ジャパンネット銀行」
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。