マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】米下院外交委、「台湾旅行法」草案を可決 議員「中国の干渉を許してはいけない」

2017年10月18日 16:53

 米議会下院外交委員会は12日、米と台湾の政府高官の相互訪問を解禁する「台湾旅行法」の草案を可決した。米政府は1979年に『台湾関係法』を実施以来、すべてのレベルの政府高官の訪台を規制した。中国当局が下院の同草案に強く反発したが、米議員は今後米国と台湾との協力関係を一段と強化する必要があるとの見解を示した。

 草案の同委員会通過は、相互訪問解禁に向けた重要な一歩となった。具体的な内容としては、▼閣僚級の国家安全保障高官や軍将官、行政機関官僚を含む全てのレベルの官僚の訪台、相手方官僚との面会の許可▼米国を訪問する台湾高官の個人の尊厳の尊重をできる形での受け入れや、国務省、国防総省、その他閣僚級高官との面会許可などが挙げられた。

 同草案は、米国会が米台関係強化を支持する幾つかの法案のうちの1つで、約50人以上の下院議員が署名した。

 共和党のスティーブ・シャボット下院議員は今年1月に同草案を提出した。シャボット議員は「台湾の総統など政府高官が、自由・民主の中心である米国ワシントンDCを訪問できないことは、国民に選ばれた台湾指導者も、米政府も侮辱することだ」と述べた。

 中国当局は長年、国際社会において台湾の孤立化を図ってきた。「民主党政権か共和党政権かにかかわらず、米政府は法的および道徳的に、台湾の自主権を維持する責任があり、台湾に協力して中国当局からの圧力に対抗していく必要がある」とシャボット議員が指摘した。

 一方、中国当局は米『台湾安全法』と『台湾旅行法』、そして米台軍事交流強化を盛り込んだ『2018年国防権限法』に強く反発している。 

 米紙・ワシントンポスト(12日付)によると、中国駐米大使の崔天凱氏が8月に上下院の外交および軍事委員会宛てに書簡を送り、台湾関連各法案の草案を可決すれば、「米中関係に重大な結果をもたらす」と警告した。

 同報道によると、米国会議員や政府関係者は中国当局の警告について「思いあがりだ(outofline)」と一蹴した。米上院で「台湾旅行法」草案を提出した共和党のマルコ・ルビオ議員は「米国が台湾との関係を強化すべきだ。中国当局の米国および米の各地域のパートナーに対する圧力と干渉を許してはいけない」と言った。

(翻訳編集・張哲)

【ニュース提供・大紀元】

<HT>

fisco

「FX運用ガイド」の注目記事

忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けたトレーダー
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

初めてのカードローン 会社を選ぶ基準は?
誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。