マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】SFPHD Research Memo(10):「磯丸水産」「鳥良商店」の2枚看板を軸に、新業態の開発などにも取り組む

2017年10月19日 8:10

■中期経営計画

SFPホールディングス<3198>は、2020年2月期までの中期経営計画を推進している。今期(2018年2月期)は一旦踊り場となるものの、来期以降、年間40店舗程度の出店ペースを想定しており、最終年度である2020年2月期の目標として、売上高を47,000百万円(3年間の平均成長率14.3%)、経常利益を4,700百万円(同14.9%)、親会社株主に帰属する当期純利益を2,850百万円(同17.0%)と見込んでいる。

中期的な成長をけん引するのも、「磯丸水産」と「鳥良商店」の2枚看板が軸となっているが、順調に立ち上がってきた新業態「いち五郎(トラ五郎)」が3本目の柱として成長した場合、来期以降の業績の伸びはさらに確度の高いものになるだろう。また、前述のとおり、「磯丸水産」については関西エリア、「鳥良商店」については都心一等地の未出店エリアを中心とした出店を行う方針である。

また、利益面では、経常利益率は現状の水準(10%程度)にておおむね横ばいで推移する見通しとなっている。既に業界の中で高い水準を確保していると言えるが、増収効果のほか、出店拡大が見込まれる「鳥良商店」の原価率が相対的に低いことなどを勘案すれば、やや保守的な想定と考えられる。同社では、これまで経常利益率8%を目標としてきたが、今後もこの基準を継続する方針であり、目標を超える部分についてはサービスの向上や管理面の整備、人材の確保、業態開発等、持続的な成長に向けて効果的に配分していく計画となっているようだ。

弊社では、出店方針の見直しを行ったものの、「磯丸水産」及び「鳥良商店」の出店余地は十分にあるため、中期経営計画の達成は可能であるとみている。また、新業態の「いち五郎(トラ五郎)」が順調に立ち上がってきたこともプラスの要因として捉えており、新しい業態が第3の柱として軌道に乗ってくれば、出店拡大の余地や確度はさらに高まるものと評価できる。

今期の業績は一旦踊り場となるものの、出店方針を早めに見直すとともに、課題解決や新規事業の開発を優先させ、ここまで一定の成果を残してきたところは高く評価できる。特に、これまで大規模な新規出店により成長してきた同社であるが、新規出店数を抑え、それ以外(既存店の強化)の投資により利益成長を実現した経験則は、これからの戦略の幅を広げた(環境変化等への対応力を高めた)との見方もできる。

また、今後の注目点としては、1)既存店の強化による成果、2)「磯丸水産」の関西圏エリアへの展開とその結果、3)「鳥良商店」の都心一等地における出店ペース、4)新業態の開発と本格展開に向けた道筋などがあげられる。特に、3)と4)については、同社独自の収益モデルの今後の展開力を図るうえで、重要な試金石になるものとみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<TN>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
クレカの「ポイント」で始める投資 対象クレジットカードとそれぞれの特徴を紹介
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。