マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 経済総合】NYの視点:トランプトレード復活

2017年10月19日 7:38

トランプ政権、共和党は、年末に向けて税制改革法案を成立させるべく、ラストスパートに入った。医療保険に関しても、超党派でのオバマケア撤廃・代替案成立に向けた取り組みが水面下で続いている。

米財務長官のムニューシン米財務長官はポリティコとのインタビューで、税制改革案が年末までに法案として成立することを保証すると強く訴えた。さらに、もし、減税の承認に失敗した場合、株式相場が急落することになる共和党議会に対し厳しく警告した。

ダウ平均株価は昨年11月の選挙以降、おおよそ25%上昇。史上最高値を更新する動きとなった。これを受けて、ムニューシン長官は、株式相場の上昇が減税への高い期待が支えていることは疑う余地もないと訴えた。

ムニューシン長官はまた、富裕層に対する減税を実施する可能性にも言及。富裕層上位20%が国の税収95%を支払っている。10%は全体の81%を支払っていることになる。このため、広範の層の減税を行うかたわら富裕層の減税を実施しないというのは「困難だ」と述べた。

トランプトレードの復活で、リスク選好の円売りが強まる可能性がある。リスクは地政学的リスクや、12月の米国政府機関閉鎖の可能性。米国の債務上限の期限が12月にくるが再びメキシコ国境の壁問題が再燃する可能性がある。
《KY》

<CS>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。