マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FiscoNews

【注目トピックス 日本株】スリープログループ—データ共有プラットフォームに関する実証実験をカイカと共同で開始

2017年10月19日 12:50

スリープログループ<2375>は18日、ブロックチェーン技術を利用したデータ共有プラットフォームの実証実験をカイカ<2315>と共同で開始することを発表した。

スリープログループはITを中心としたBPO事業、コワーキングスペース事業を提供している。新しいテクノロジーの普及に合わせて、登録された人材の空き時間とスキルをサービス化し、オンデマンドに提供することで、各市場の発展とともに成長してきた。近年は、フィンテック関連のビジネス領域にも積極的に注力している。

一方、提携するカイカは、40年以上にわたり金融業を中心に製造・公共・流通等のシステム開発をおこなっている。フィンテック関連ビジネスを戦略的注力領域に掲げ、ブロックチェーンの分野においても実績を積み上げている。

ブロックチェーンは、多数の参加者における取引記録の突合・所有権管理といったプロセスに適しており、様々な多様業種においてもより自由度の高い応用の検討や試行が可能である。

今回の実証実験において、スリープログループに登録されるエージェントの履歴書及び経歴書のデータを対象に、エージェント自身が管理できるようブロックチェーン上にトークン化し、高いセキュリティを維持した状態のまま、許可した人のみにデータの共有を可能とするプラットフォームの構築を目指した実証実験を行う。将来的には、様々な企業や人がつながり、データ共有及び売買を可能とするデータマーケットのようなプラットフォームを目標とするようだ。今回の協業によって、カイカはブロックチェーンの実証実験システムサポートのノウハウをさらに蓄積することができ、スリープログループは最新技術の研究・開発を進めることによる、事業拡大が期待される。

<MW>

fisco

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントで投資? サービスの詳細を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。